【ヘルスケア情報】男性ホルモンテストステロンについて

テストステロンについて

テストステロン(Testosterone)は、男性ホルモン(アンドロゲン)のひとつです。

体のどこで作られて、どのように分泌していますか?

男性の場合、約95%が睾丸(精巣)の中で、残る5%が副腎で合成され、分泌されていると言われています。テストステロンの原料はコレステロールで、体内で複雑なプロセスを経てテストステロンに生合成されています。

テストステロンの分泌量は、脳からの命令でコントロールされています。血中に分泌されたテストステロンは11~90分で約半分になり、少量はエストロゲン(女性ホルモン)に換わりますが、大部分は肝臓で代謝されて、尿中に放出されます。健康な男性にも、少量ながら女性ホルモンが分泌されているのです。

成人男性が精巣で1日に分泌するテストステロンは、7mg前後と言われています。ご参考までに、弊社製品「グローミン」は、内容量10g中に100mgのテストステロンが含まれていますので、本剤1本で約14日分の分泌量が補充できることになります。

詳しくはこちら

他にも「テストステロンの分泌」に関連する記事があります。
> テストステロン分泌のコントロールについて

テストステロンの分泌を増やすためには?

先述の通り、体内で産生するテストステロンの原料はコレステロールですから、先ずはコレステロール不足にならないように、バランスの良い栄養摂取が必要です。もちろん、コレステロールの過剰摂取は問題がありますから、ご注意ください。

次に、適度な運動を維持することと、十分な睡眠、規則正しい生活リズム、ストレスを溜めない健康的な生活習慣が必要です。栄養摂取だけで運動しなければ、言うまでもなく太ります。肥満はテストステロンの分泌を低下させるため、逆効果になります。食事と運動は両輪です。
人並み以上にテストステロンの分泌を増やすには、規則正しい生活リズムとストレスを溜めない生活習慣を基本に、日々の食生活とトレーニング量をバランス良く増やして、維持する事と考えます。結局、アスリートを目指すことになるのではないでしょうか。
トップアスリートの多くがそうであるように、明るく快活で前向きな人が、健康的な生活習慣を続けて、落ち込む出来事があっても気持ちを切り替えてストレスを溜めないようにすれば、自ずとテストステロンの分泌が高まり、その精神作用で明るく快活、チャレンジングで前向き・・・という好循環になるはずです。もちろん、筋肉の発達と体脂肪率の削減、シェイプアップにも好循環です。
逆に申しますと、「食生活」「睡眠」「生活リズム」「ストレス」「運動」の要素で何が欠けても、テストステロンの分泌にリスクが生じると思われます。

古来より男性の中には精力をつけるため、生卵を飲み込む人がいます。映画「ロッキー」では、牛乳に生卵を入れて一気飲みするシーンがありました。高価で多様なサプリメントに頼らずとも、総合栄養食として卵が最も手っ取り早く、経済的に摂取する術だったと思います。(ちなみに、当時のロッキーはスタローン自身も貧乏で、低予算の映画でした。) 特に、蛋白質や必須アミノ酸、そして体内でテストステロンの原料になるコレステロールを重点的に摂取する意義があったのかも知れません(注: 卵の摂取を勧めるものではありません)。
逆に、極端なダイエットや菜食主義のために、結果的にコレステロールの摂取が不足すると、原料不足でテストステロンの分泌が不足してしまう恐れがあります。卵を食べ過ぎてコレステロールの過剰摂取になることを心配する声がありますが、近年の栄養学的な知見からは、それほど心配しなくても良さそうです。少なくとも、摂取不足にともなうリスクの方が大きいのではないでしょうか。

加齢にともなうテストステロン分泌の衰えについて

テストステロンの分泌は20歳代をピークに、その後加齢とともに衰えて行きます。 普通は徐々に衰えますので、何となく「歳をとって来たかな?」とお感じになる男性が多いと思いますが、40代から60歳代にかけては、男性の社会的責任とストレスが公私共々高まる時期です。そのため、人によっては、ある日突然テストステロンの分泌が急激に減ってしまうために、自律神経失調のような不定愁訴を生じてしまうことがあります。これが、男性更年期です。

多くの女性の場合、更年期は閉経を前に比較的わかりやすいのですが、男性の場合は閉経のような目に見える出来事がありませんし、さまざまな偏見や社会通念により、なかなか認識されませんでした。
「男性にも更年期がある」という説は、欧米では1940年代から様々な提唱と多くの検討がされて来ましたが、21世紀に入り社会の成熟化や高齢化にともない抗加齢医学の関心が高まり、今では世界的な認知となりました。

なお、これまで「男性更年期障害」という表現が広く知られて来ましたが、不定愁訴のひとつである「うつ症状」と「うつ病」の切り分けなど男性更年期障害の病態は複雑です。そこで、加齢と男性ホルモンの分泌低下にともなう症状として正確に定義するため、様々な議論を経て現在は「LOH症候群」と呼ばれています。
このようなとき、不足した男性ホルモンを補充して、男性更年期にともなう不定愁訴を改善させる治療法が「男性ホルモン補充療法」です。 男性ホルモン補充療法は、主に泌尿器科が行いますが、近年はメンズクリニック(男性専門外来)をはじめ、一部の内科、心療内科、精神神経科などの医師も行うようになりました。 その第一選択は男性ホルモンの注射剤による補充で、高用量なので良く効くと言われていますが、2~3週間毎の通院による注射を避けたい人や、低用量の補充を好む人のために、皮膚から少しずつ男性ホルモンを補充できる塗り薬として「グローミン」を用いることがあります。詳しくは、医師にご相談ください。 弊社製品ではテストステロンクリーム「グローミン」を塗擦することにより、皮膚からテストステロンを吸収させて、男性ホルモンの補充ができます。

詳しくはこちら

テストステロンの基準値・正常値は?

日本では、遊離型テストステロン(フリーテストステロン)で基準値が定められています。これは、総テストステロンよりも遊離型テストステロンの方が加齢と共に有意な減少を示すためです。また、総テストステロンと遊離型テストステロンを同時に測定すると保険診療が出来なくなるため、項目を一つに絞る必要がある、という背景もあります。

健常な日本人男性における遊離型テストステロンの検討結果を踏まえ、20歳代の平均値-2SDである8.5pg/mLが、正常値の下限とされています(「LOH症候群診療ガイドライン」検討ワーキング委員会)。

なお、8.5pg/mL以上でも、20歳代の平均値の70%値である、11.8pg/mL未満までは、ボーダーライン(男性ホルモン低下傾向群)とされています。

参照文献:加齢男性性腺機能低下症候群 - LOH症候群 - 診療の手引き
日本泌尿器科学会/日本Men's Health医学会
「LOH症候群診療ガイドライン」検討ワーキング委員会 編

詳しくはこちら

テストステロンは「はげ」の原因になりますか?

テストステロンそのものは、脱毛させる物質ではありません。むしろ、下記の「男性更年期による脱毛」を防止すると考えています。

この世の男性は思春期になって男性ホルモンの分泌が旺盛になると全員「はげ」になってしまうでしょうか?「テストステロンの投与で毛が抜ける」というご指摘は、乱暴です。 いわゆる男性の「はげ」(禿頭症)の原因は多岐にわたるため、どの原因で「はげ」になるかは人それぞれですが、私たちは

  • ・「遺伝」による先天的な原因。
  • ・「頭皮の清浄をはじめ、食生活、喫煙、過剰な飲酒などの生活習慣」による原因。
    頭皮に皮脂が多くなって、毛穴に汚れがたまり、毛細血管の血流が衰えることで、育毛サイクルが乱れて、脱毛が多くなる。
  • ・過大なストレスや男性更年期による育毛サイクルの衰え。

と考えています。
テストステロンは、体内の各部にある「5α還元酵素」の作用によりDHT(ジヒドロテストステロン)になりますが、頭髪のつけね(毛乳頭)にある、この酵素のはたらきで、DHTが育毛を抑えてしまう、という説があるために「テストステロンがはげの原因になる」というご指摘があると思われます。

しかし、お酒が肝臓にある酵素で分解されるため「人によりお酒の強さが異なる」のと同じように、毛乳頭にある5α還元酵素の多少も人により違うと思われ、これこそ「遺伝」による先天的な原因の一つと考えています。

余談ですが、毛乳頭にある5α還元酵素のはたらきを抑える成分の薬剤があれば、遺伝的な「はげ」を予防できるかも知れません。

成人男性にとって、DHTは脱毛や前立腺肥大などを引き起こす「悪玉」男性ホルモンと言えそうですが、近年登場したフィナステリドは、DHTの産生を抑えるので、併用することで「はげ」や前立腺肥大を心配することなくテストステロンを補充できるようになることが期待されます。

詳しくはこちら

女性にもテストステロンが分泌されているのですか?

血中テストステロンで比べると、男性の5~10%ですが、女性も副腎や卵巣でテストステロンを分泌しています。

女性も、男性ほどでなくても骨格や筋肉の発達がありますし、人によっては男性的な思考をしたり、性衝動に駆られることのある方がいらっしゃると思います。メカニズムが複雑なので一概には言えませんが、一因としてテストステロンが関係しているのかも知れません。

詳しくはこちら

他にも「テストステロンの分泌」に関連する記事があります。
女性の更年期治療におけるテストステロンの有効性について >