[ HOME | 会社案内 | 製品のご案内 | 製品モニターのご案内 | お問合せ・ご相談窓口 | お知らせ ]

大東製薬工業・甲府工場

  平成8年(1996年)、弊社は山梨県甲府市川田町アリア(協同組合ファッションシティ甲府)に新工場を建設し、現在に至っております。

工場内のご紹介 】     【 アリアへの地図

「アリア」構内・ディンプル広場 甲府工場から見える富士山

「アリア」構内・メインストリート歩道B荻原宝飾前
「アリア」構内 工場から見える富士山

「アリア」構内・メインストリート歩道A 「アリア」構内・メインストリート歩道

「アリア」構内・秋の歩道
「アリア」構内の環境と景観は、一部の特殊な作業を除いて、
すべて入居企業の全員参加による作業で維持されています。

大東製薬工業甲府工場(2006年10月撮影) 画像をクリックすると元画像が別ウィンドウで開きます。

大東製薬工業 甲府工場の全景(2006年10月撮影)

GMP (Good Manufacturing Practice) への適合

 医薬品を製造するためには、薬事法に定められた基準を満たして、当局の製造許可を得ることが必要となります。品質保証のシステムとしてはISO9000シリーズが有名ですが、医薬品の製造においては、これと同様のシステムを有することが義務化され、その後、システムの内容が段階的に強化されました。
 先ず平成6年 (1996年) 、「医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準」 いわゆる医薬品GMP が、医薬品の製造許可要件になり、さらに、平成8年 (1996年) からバリデーション (Validation) の導入が適用開始になると共に、諸々の規定が強化されました。
 ISO9000シリーズの取得を通じて品質保証を訴求する取り組みが、近年、様々な業界に普及しましたが、製薬工場では今や操業の前提とされるシステムなのです。


Copyright (C) 1999 大東製薬工業株式会社
最終更新日 : 2014/10/26