大東製薬工業・ホームへジャンプします
→Home →会社案内 製品紹介 販売店案内 製品モニター →お問合せ
萎縮性膣炎・老人性膣炎とは 

萎縮性膣炎(老人性膣炎)は、主に閉経後の女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモン)の分泌低下により、膣の潤いがなくなり、外陰部や膣が乾燥・萎縮して、雑菌が繁殖するために起こる炎症です。 閉経後の性交痛にも関連します。

おのずと局所的な女性ホルモンの補充により、以前のような陰部の潤いを取り戻すことが有効です。 万全を期すには婦人科を受診して検査を行い、他に懸念される重大な問題がないことを確認するのが最善です。

なお、検査結果に問題がなければ、市販薬でも局所的な女性ホルモンの補充が出来ます。 全身投与となる高用量な女性ホルモン補充量(HRT)と異なり、低用量で短期間ずつ、局所に少しずつ皮膚から補充するので、
HRTを望まない人でも、短期間の少量の局所投与なら安心です。 

 
 萎縮性膣炎の主な症状 萎縮性膣炎の原因・発症のメカニズム
 注意ポイント 萎縮性膣炎の治療
 女性ホルモン(エストロゲン)局所投与の選択肢

外陰膣萎縮(症) VVA : Vulvar and vaginal atrophy)

ISSM ( International Society for Sexual Medicine )によれば、閉経に関連する状態で、その症状は、膣や外陰部の乾燥、不快感、痛みがあり(外陰部は膣の外性器領域)、一部の女性は、かゆみ、灼熱感、おりものがあるとされています。

閉経後の女性が女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモン)の減少で膣粘膜が薄くなり萎縮することで生じる諸症状をまとめてVVAと称しているようです。 海外ではVVAを積極的に治療するようで、例えば北米閉経学会(NAMS)は「更年期および閉経後の患者に対し、臨床医は外陰膣萎縮症(VVA)の症状があるかを質問すべき」としています( 2013 Position Statement )。

VVAは、萎縮性(老人性)膣炎を含めた幅広い症状を捉えているようですが、閉経にともなう女性ホルモンの減少による膣の不快な症状という本質は同じと考えられます。


萎縮性膣炎の主な症状:

閉経後しばらく経つと、膣が萎縮して出血しやすくなり、性交痛をともなう女性が増えます。 かゆみ、黄色いおりもの、悪臭・・・といった症状をともなう場合もあります。 卵巣を摘出した人にも、ありがちな症状です。 外陰部が癒着して閉じてしまう場合もあります。

↑ 上に戻る ↑


萎縮性膣炎の原因・発症のメカニズム:

「閉経にともなう卵巣機能の停止や、腫瘍などの治療で卵巣を摘出」

→ 女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモン)の分泌が低下します。

→ 膣粘膜の萎縮・膣の乾燥が起こります。

  (エストロゲン不足 → 膣壁のコラーゲン減少 → 膣萎縮) 

→ 膣粘膜が傷つきやすくなり、また、雑菌が繁殖しやすくなります。

  (閉経前は、女性ホルモンの作用で、皮膚/粘膜の厚みを保ち、常に膣潤滑の潤いが
   あるので、自浄作用で雑菌の繁殖を抑えています。)  

→ 傷と雑菌で炎症が起こります。
  炎症は、人により、かゆみ・黄色いおりもの・悪臭につながります。

↑ 上に戻る ↑


 

注意ポイント:

「黄色いおりもの」は、例えば子宮体がん等にともなう症状の可能性も
ありますので、万全を期すため、先ずは婦人科を受診したり、婦人科
検診を受けて、このような問題が無いことを確認しましょう。

↑ 上に戻る ↑


 

萎縮性膣炎の治療:

婦人科を受診、診察。

内診: 膣粘膜の萎縮、点状出血の確認。特に、点状出血が特徴。

検査: 細菌培養。 がん細胞の有無を確認。

処置: がんの心配が無く、萎縮性膣炎の所見であれば、
    全身投与による女性ホルモン補充療法(HRT)、または、
    女性ホルモン(エストロゲン)の局所投与。
    HRTのリスクをなるべく避けたい場合は、局所投与を選択。

 

↑ 上に戻る ↑


 

女性ホルモン(エストロゲン)局所投与の選択肢:

必要に応じ抗生物質の膣錠を併用。

1.膣坐薬(エストリオール製剤): 局所投与の一般的な選択肢です。
  数日〜2週間程度で軽快しますが、重症だと1ヶ月程度要します。
  外陰部が癒着するほど重症ですと、挿入が困難となり、人により
  挿入にともなう痛み・違和感があります。

2.エストロゲン製剤(膣錠)
  膣内が乾燥しているので、融けずに膣から出てしまいます。

↑ 上に戻る ↑

3.女性ホルモンの塗り薬: 市販薬「バストミン」「ヒメロス

  エストロゲン・クリーム剤: 「バストミン」(指定第2類医薬品)

  → 膣内に塗らなくても、外陰部に塗って効きます。

  → 外陰部が癒着して閉じている人でも局所投与ができます。

  → 塗心地のよいクリーム剤なので、違和感の少なさが特徴です。

  → 医師もバストミンを臨床で使用しています。 
      (臨床応用の結果が報告されています。)

  → 臨床研究の結果からは、1ヶ月以内で軽快しています。

  → 子宮内膜厚に有意な増加はなく、また1年間の使用で特記すべき
    副作用はなく、安全性は高いと考えられます(公式ブログ参照)。


  エストロゲン軟膏剤: 「ヒメロス」(指定第2類医薬品)

  → 膣内に直接、塗ることが出来るので、より直接的な作用が期待
    できます。

  → 白糖を基剤にしていることから、塗布部に熱感がある独特の
    使用感です。

  → 半世紀の市場実績からは、女性ホルモン剤で指摘される重篤な
    副作用の経験がなく、安心の実績を積んでいます。

↑ 上に戻る ↑


対症的なかゆみ止め・殺菌剤の塗り薬: 市販薬

  → 即効的に、かゆみを抑えられます。

  → 短時間の効果で、かゆみがぶりかえす場合があります。

  → 皮膚や粘膜の萎縮、膣潤滑そのものは改善できません。

↑ 上に戻る ↑


「バストミン」添付文書 (安全・安心のため、ご使用前に必ず良くお読み下さい。)

 

「バストミン」適応セルフチェック 
  
(本剤のご使用をお考えのとき、ご判断の一助にお使い下さい。)

 

バストミン」Q&A (サポート・ブログFAQ

 

バストミン」関連情報 (大東製薬工業・公式ブログ

 

参考学術文献 更年期以降の外陰部乾燥,掻痒に対するestrogen含有クリーム剤の効果

バストミン」お取扱い病院・クリニックのご案内

バストミン」販売店・薬局のご案内

大木製薬「バストミン」販売店・薬局のご案内

↑ 上に戻る ↑

 

 
会社案内

ごあいさつ

概要と沿革

社内体制・お取引先

甲府工場のご案内

製品紹介

総合案内

FAQ(良くあるご質問)

トノス

ヒメロス

グローミン

バストミン

ガラナポーン

販売店案内

総合案内

取扱店情報

バストミン
  (病院・クリニック
  (薬 局・販売店
 
大木製薬・バストミン

ヒメロス
  (薬 局・販売店

グローミン
  (病院・クリニック
  (薬 局
 
大木製薬・グローミン

トノス  (薬 局

ガラナポーン
  (病院・クリニック
  (薬 局
 
大木製薬ガラナポーン

Copyright (C) 1999 大東製薬工業株式会社
最終更新日 : 2015/04/02