カレンダー

« 2014年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930

カテゴリ

女性更年期・女性更年期障害の最近のブログ記事

 テストステロン療法は男性に対しては急速に増加しているが、女性におけるテストステロンおよびテストステロン療法に関しては多くの疑問および懸念が残っている。その背景について文献的に解明を行った。 本論は1...
続きを読む
【 概 要 】 ヒトの老化は内分泌機能の低下を伴っており、性ホルモンの産生低下が特徴である。 現在の研究結果は低性ホルモンがサルコペニアおよび筋肉の脆弱化の機序のキーとなっていることを示している。 欧...
続きを読む
【 目的 】 RIAによる性ホルモンの測定には、女性の低濃度の範囲では精度と特異性に限界がある。そこで、質量分析法および分位点回帰法を用い、女性の性ホルモン(テストステロンおよびアンドロスタンディオン...
続きを読む
学会名称:第26回 日本女性医学会 学術集会開催日(発表日):2011年11月12日~13日開催場所:神戸国際会議場 (神戸市中央区港島中町6丁目9-1)PS-02 (ポスター発表)Estradiol...
続きを読む
学会名称:第26回 日本女性医学会 学術集会開催日(発表日):2011年11月12日~13日開催場所:神戸国際会議場 (神戸市中央区港島中町6丁目9-1)PS-01 (ポスター発表)エストラジオール軟...
続きを読む
【 目的 】 現在のところ、広く認められた女性の正常テストステロン値はない。そこで、正常な月経周期を有する閉経女性のテストステロンおよびSHBG値の正常範囲の測定を行った。【 方法 】 健康で、正常な...
続きを読む
【 背 景 】エストロゲン補充のリスクに関する懸念は、大豆の有効性が証明されていないにもかかわらず、更年期のホルモン療法に代わるものとして、閉経後の女性に大豆製品の使用が大幅に増加していることである。...
続きを読む
高齢婦人のQOLに対する estrogen含有クリーム製剤および testosterone含有クリーム製剤併用の効果御茶ノ水・浜田病院産婦人科合阪幸三, 宮本雄一郎, 生月弓子第24回 日本更年期医学...
続きを読む
2009年(平成21年)8月6日の読売新聞「医療ルネッサンス」で、「女性へ男性ホルモン併用」として女性ホルモン補充療法に少量のテストステロンを併用する取り組みが紹介されました。「グローミン」は、テスト...
続きを読む
日本更年期医学会 第23回学術集会横浜・2008年(平成20年) 11月16日(日) 第2会場 やまゆり一般口演 演題番号58生殖期女性および更年期女性における、卵胞ホルモン含有軟膏剤の皮膚に及ぼす影...
続きを読む
【目的】フィブリン産生および溶解を活性化あるいは阻害する凝固蛋白および酵素の役割については明らかにされている。しかし、静脈血栓症(VT)のリスクに対するこれらの因子の遺伝子変異の影響については全く研究...
続きを読む
【目的】若い成熟雌においては、エストロゲン療法は脳血管の炎症反応を抑制する。これは炎症遺伝子の調節因子であるNF-kappaBに媒介されるものである。脳血管の炎症に対するエストロゲンの作用が年齢によっ...
続きを読む
【背景】  乳癌とアルコールおよび繊維の摂取との関係は、乳癌リスクの予測因子である性ホルモンに仲介されたものである。 【目的】  閉経前の女性における性ホルモンレベルとアルコールおよび食物繊維摂取の関...
続きを読む
【目的】 子宮摘出閉経女性の膣血流量及び性機能に対する経口及び膣エストロゲン製剤の効果を比較検討した。 【方法】 57例の女性に無作為に経口剤 (0.625 mg of conjugated equi...
続きを読む
【目的】  若い女性の体組成とレプチンに及ぼすエストロゲン欠乏と運動の影響を検討する。  レプチン: 脂肪細胞から分泌され、食欲の抑制やエネルギー代謝の増大を介して体脂肪量の調節、飢餓への適応をつかさ...
続きを読む
【方法】 対象:子宮切除のない60~80歳の閉経後の女性、417例。 投与:無作為に実薬群208例、プラセボー群209例に割付、実薬群にMenostar(17-beta estradiol 14mcg...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち女性更年期・女性更年期障害カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは女性の性機能です。

次のカテゴリは男性の性機能です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。