大東製薬工業・ホームへジャンプします
→Home →会社案内 製品紹介 販売店案内 製品モニター →お問合せ
早漏について
早漏に関する近年の医学情報です。
早漏の定義について 早漏の定義

医師が治療の対象とする早漏につきましては、最新の国際的な定義を別ページでご案内しています。(2008年発表・ISSMの定義) (早漏の定義: エビデンス

早漏の有病率については、日本国内では今のところ正確な疫学データがありません。また、国や地域、さらには人種により有病率や原因となる背景が異なる指摘もあり、全容が正確に把握できていないのが現状のようです。

 

早漏の原因について 早漏の原因

下表のように様々な原因が提唱されていますが、個々の因果関係を特定する質の高い研究が十分でなく、学術的には未だ仮説の域にあるようです。
さらに、多くの場合は複数の原因が重なっていると考えられるため、原因を正確に特定するのは困難です。


心因性の原因 ・ 不安
・ 早い性体験
・ 性交の頻度
・ 射精コントロールのテクニック
・ 進化的な原因
・ 精神力学的理論
器質性の原因 ・ ペニスの過敏
・ 射精反射の過剰な興奮
・ (射精の)誘発性
・ 内分泌障害
・ 遺伝的原因
・ 5-HT(hydroxytryptamine)レセプター機能障害

現在、神経系でセロトニンと5HTレセプターが射精のプロセスに関与していることが分かっているようです。5HTレセプターの過敏さが早漏の原因では?という仮説があり、早漏に対するSSRIの効果の作用機序と考えられていますが、メカニズムの詳細は未だ明らかになっていません。

 

早漏の診断と治療について 早漏の診断と治療

(1) 次の確認。

  「主訴」
  「射精潜時」
  「射精をどの程度コントロール出来ているか」
  「本人とパートナーがどの程度苦しんでいるか」
  「発症してからの経過期間」「心理的・社会的な病歴」
  「一般的な病歴」
  「身体的所見」

(2) EDその他の性機能障害によるものかを見極める。

  そうであるなら、主原因となる性機能障害を治療する。

(3) (2)でなければ、カウンセリングと共に治療方針を患者と議論。


  治療の選択肢は、

  @ 行動療法
   「Stop & Start法」 「スクイズ法」 「感覚集中訓練」

  A 対人関係のカウンセリング

  B 薬物療法
   「 SSRI 」「 局所麻酔剤トノス) 」

注: SSRI(選択的セロトニン取り込み阻害剤)は早漏の適応症が未だ認められていないうえ、効果と副作用をコントロールするための投薬管理が難しく、医師の厳重な管理が必要です。近年は、国内外で重大な刑事事件に発展するような暴行をふるう、といった攻撃性が高まる異常行動の報告事例があり、厚労省は因果関係を調査中です。そのため決して自己判断で使用しないでください。

  C @〜Bの併用療法

(4) 薬物療法の場合は、結果を見ながら投薬を徐々に中止して行く。

 

参照文献:

 Disorders of Orgasm and Ejaculation in Men
Chris G. McMahon, Carmita Abdo, Luca Incrocci, Michael Perelman, David Rowland, Marcel Waldinger, Zhong Cheng Xin
The Journal of Sexual Medicine: Volume 1 Page 58  - July 2004

Premature Ejaculation—Does Country of Origin Tell Us Anything about Etiology?
Daniel Richardson MRCP, David Goldmeier MDFRCP
The Journal of Sexual Medicine: Volume 2, Issue 4, Page 508-512, Jul 2005 

Prevalence of Premature Ejaculation: A Global and Regional Perspective
Francesco Montorsi MD
The Journal of Sexual Medicine: Volume 2, Issue s2, Page 96-102, May 2005 

 
会社案内

ごあいさつ

概要と沿革

社内体制・お取引先

甲府工場のご案内

製品紹介

総合案内

FAQ(良くあるご質問)

トノス

ヒメロス

ヘヤーグロン

グローミン

バストミン

ガラナポーン

ガラナピン

販売店案内

総合案内

オンライン・ショップ

Copyright (C) 1999 大東製薬工業株式会社
最終更新日 : 2014/10/26