カレンダー

« 2017年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

カテゴリ

低テストステロンのリスクの最近のブログ記事

<目的> アンドロゲン(男性ホルモン)欠乏症によるEDの原因となる海綿体線維化の機序を検討した。<方法> 12週齢の健常雄性ラット40匹を無作為に4群に分けた。すなわち、正常対照群、去勢群および去勢後...
続きを読む
<目的> 尿素サイクルはアミノ酸窒素排泄速度の律速段階である。尿素合成の速度は全身の蛋白異化作用の指標である。テストステロン(以下、T)は蛋白および窒素の喪失を下げる。ヒトにおける肝臓の尿素合成に対す...
続きを読む
<目的> 最近の研究は糖尿病とPSAの間に負の関係を示している。そこで、糖尿病および正常(非糖尿病)モロッコ人男性におけるPSAレベルを調査した。<方法> モロッコのパスツール研究所において470名の...
続きを読む
<目的> 歴史的に、高レベルの血清テストステロン(以下、T)は心血管系に有害であると推定されてきた。近20年間の研究は低Tが脂質異常および糖尿病を含む心血管疾患のリスク因子の発現を増加する事を示してい...
続きを読む
■ 目的 若年男性において体重の増加が血清Tの減少および性機能の低下と関連するか否か検討した。■ 目的 年齢20~49歳の男性136例から全般的健康、薬物療法、うつ症状および性生活に関するデータを収集...
続きを読む
■ 要約 テストステロンの欠乏は心血管疾患(CVD)を有する男性において高率に認められ、死亡率の上昇と関連している。低テストステロンはインスリン抵抗性、糖尿病、脂質異常、内臓肥満および内皮機能異常等の...
続きを読む
【 目的 】 前立腺癌を発症した男性のテストステロン補充療法の使用状況およびその影響を調査した。【 方法 】 Surveillance, Epidemiology, and End Results-M...
続きを読む
【 目的 】前立腺癌(PC)は加齢およびアンドロゲン依存性疾患である。加齢に伴うアンドロゲンレベルの低下とは逆説的に、PCのリスクは上昇する。全身性のアンドロゲンレベルとPCリスクの間に相関性はないが...
続きを読む
【 目的 】 勃起不全(ED)強度に対するエストラジオール(E2)の上昇と低テストステロン(T)の間の関連の影響を調査した。【 方法 】 EDおよび正常、あるいはE2が上昇あるいは正常で低Tの男性61...
続きを読む
【 目 的 】日本人男性におけるテストステロンと筋肉量の縦断的関係を調査した。 1997~2010の間、2年に1回の高齢者の縦断研究に参加した957例の地域住民男性からデータを収集した。 開始時および...
続きを読む
【 目 的 】 肥満男性の性機能、テストステロン、下部尿路症状(LUTS)、内皮機能およびQOLに対する少量(LV)および大量(HV)の中等度運動の影響を検討した。【 調査項目 】開始時および24週後...
続きを読む
【 目 的 】 2型糖尿病男性では性機能障害、特に勃起不全(ED)が多く認められる。性腺機能低下症の発現率も糖尿病男性では高く、低テストステロンが性機能障害と関連し、EDに対する経口療法の反応性を減じ...
続きを読む
【 目的 】アンドロゲン欠乏は心血管イベントおよび総死亡の独立したリスクである。高血圧は心血管疾患発現の重要な寄与因子であり、また低テストステロンの増加と関連している。臨床的なアテローム性動脈硬化がな...
続きを読む
【 目的 】男性の低テストステロンは心血管疾患と関連している。臨床試験はテストステロン補充(TRT)が心血管疾患の症状を改善し、動脈硬化形成の原因となる炎症を低下することを示している。 動物モデルにお...
続きを読む
【 目的 】年齢、テストステロン欠乏、海綿体の線維化および勃起不全(ED)の間の相関性を検討した。【 方法 】対象は2010年9月~2011年10月に登録したED患者47例。IIEF-EFスコア、NP...
続きを読む
【 目的 】近年の研究はテストステロン・レベルと前立腺癌(PC)の間に負の関係を示している。PC診断におけるホルモン・パターンの有用性に関しては異論が多い。そこで、ホルモンパターンとPCの関係およびP...
続きを読む
【 背景 】世界の先進国において、男性は女性よりも早期に心血管疾患(CVD)を発症し、寿命が5~10年短い。 男性において低総テストステロン(TT)が新たなCVDリスク因子として提示されているが、その...
続きを読む
【 目的 】アンドロゲン受容体(AR)のGGC繰り返し多型はアンドロゲン反応性遺伝子の転写活性に影響し、前立腺肥大症(BPH)および前立腺癌(PCa)のリスクを上げる。そこで、南ブラジルの男性集団にお...
続きを読む
【 目 的 】 テストステロン・レベルの変化は幾つかの老化現象と関連している。 加齢に伴うテストステロンの低下と骨の健康状態、握力、体脂肪率および体脂肪量の変化との関係を調査した。【 方 法 】 対象...
続きを読む
【 目 的 】 EDの原因の一部はホルモンである。しかし、65歳以上の男性ではテストステロン欠乏が大きな要素となっている。 しかしながら、健康状態が良好ではない65歳以上のポーランド人男性における、E...
続きを読む
【 要 約 】 テストステロン欠乏症はED患者のPDE5阻害剤の臨床効果を低下すると思われる。 性腺機能低下患者において、テストステロン補充はシルデナフィルあるいはタダラフィルによる治療に効果の無かっ...
続きを読む
平成24年(2012年)10月23日と24日にNHK(Eテレ)「きょうの健康」で、男性の更年期障害~LOH症候群~「見逃さないで 男性ホルモンの低下」(23日)、「これで改善!治療と日常生活」(24日...
続きを読む
男が40を過ぎてなんとなく不調を感じ始めたら読む本 秋下 雅弘 著 (東京大学大学院医学系研究科 加齢医学講座 准教授 ・ 東京大学医学部附属病院 老年病科) 出版社: メディカルトリビューン ...
続きを読む
【 目的・方法 】 ED合併2型糖尿病患者の糖-代謝プロフィルを調査した。2型糖尿病男性88例、平均年齢 62.78±9.26歳について調査を行った。IIEFにて性機能症状を、SAS(self-rat...
続きを読む
【 概 要 】自殺企図のある男性はテストステロン値が低い。そうでない報告もあるが、概ね低い報告が多い。脳機能、気分、認知機能、攻撃性にテストステロンは深く関わっており、またこれらは自殺衝動に関わる。他...
続きを読む
【 目的 】 ビタミンD (25(OH)D)および遊離テストステロン(FT)の低値は共に死亡率の上昇と関連している。実験的研究は、ビタミンDおよびアンドロゲン代謝の複雑な相互作用が臨床的予後の悪化と...
続きを読む
【 目的 】 小規模の無作為比較試験によりビタミンD [25(OH)D]がテストステロンの産生を増加する事が示されている。これは動物実験および25(OH)Dとテストステロンのポジチブな関連性および両...
続きを読む
【 目 的 】 メタボリックシンドローム(MS)は、しばしばBPH/LUTS と関連している。これらの共通の疾患として性腺機能低下症がある。しかし、テストステロン補充は前立腺に対する副作用のため制限...
続きを読む
【 背景・目的 】 性腺機能低下男性の大規模集団におけるメタボリック・シンドローム(MetS)に対する12カ月のテストステロン補充療法(TRT)の影響を検討した。【 方 法 】 性腺機能低下男性849...
続きを読む
【 目的 ・ 方法 】 テストステロンは権力、支配、社会的地位および侵略・攻撃と関連している。しかし、個人の情動的体験に対するテストステロンの状況的変化に関しては研究されていない。権力、支配、社会的地...
続きを読む
【 目 的 】 術前のテストステロン値とグリソンスコアおよび優勢型による前立腺癌の悪性度との関連性を検討した。【 方 法 】 2007年1月から2011年1月の間に前立腺切除のため受診した患者の、術前...
続きを読む
【 目 的 】 酸化ストレスが心臓疾患の病態に有意な影響を及ぼすことは、これまでの研究で明らかである。一方、アンドロゲン(男性ホルモン)が心機能、心筋傷害および心臓の酸化還元状態の調整に生理学的役割を...
続きを読む
【 目的 】 前立腺癌リスクの予測におけるテストステロンの役割、およびその高グリソン・スコアとの関連性を、前立腺生検を行った患者において検討した。【 方法 】 対象は前立腺生検を行った568例の患者。...
続きを読む
【 目 的 】 性ステロイド・レベルと心拍数変動(HRV)の関係を調査した。【 方 法 】 対象は心機能検査のため受診した男性114例(平均年齢(46.6±11.3)。 LH、総テストステロン(TT)...
続きを読む
【 背景・目的 】 男性における研究は血清アンドロゲンおよびSHBG濃度と耐糖能障害、糖尿病およびメタボリック・シンドローム(MS)の存在との相関性を明らかにした。 この研究はAsturias St...
続きを読む
【 背景 】 テストステロン濃度と血圧の関係については一致した研究結果が得られていない。そこで、年齢20-79歳の男性1484例を対象に高血圧の発症リスクおよび血圧変化と総テストステロン(TT)濃度と...
続きを読む
平成22年11月17日にNHKで放送予定の「ためしてガッテン」で、LOH症候群(ロー症候群)が取り上げられます。これまで男性更年期障害が様々なメディアで取り上げられ、話題にされて来ましたが、専門医の間...
続きを読む
【 目的 】環境汚染物質は男性の生殖能力に影響すると考えられる。交通警察官は毎日交通機関による汚染物質にさらされている。都会のストレスへの職業的暴露が遊離テストステロンレベルに影響するか否か、イタリア...
続きを読む
【 目的 】低総テストステロンが男性の2型糖尿病(T2DM)の発症と関連しているというエビデンスが増加している。大規模地域住民集団におけるT2DMt総テストステロンの関連性について調査を行った。【 方...
続きを読む
【 目的 】テストステロン欠乏症候群(TDS)と勃起不全の関係およびその診断および治療について分析した。【 方法 】PUBMEDデータベースを検索し文献的レビューを行った。【 結果 】テストステロンの...
続きを読む
【 目的 】冠動脈疾患を有する男性の生存率に及ぼす血清テストステロン・レベルの影響およびテストステロン欠乏症の発症率を調査した。【 方法 】デザイン: 長期追跡研究。対象: 2000年6月から2002...
続きを読む
【 目的 】幾つかの研究は2型糖尿病(T2DM)が男性の性腺機能低下症と関連している事を示している。よく知られている関連にも関わらず、T2DMにおけるテストステロン補充療法(TRT)の役割は完全には明...
続きを読む
【 目的 】Advanced glycation end products (AGEs)は心血管疾患と関わっている。低テストステロンも同様に心・代謝異常のリスクの上昇と関連している。しかし、身体計測...
続きを読む
【 要旨 】 男性という性は冠動脈血管死の主なリスク因子であるが、関連性は未だ説明しきれていない。 男性の低テストステロンはメタボリック・シンドロームおよび2型糖尿病のリスク因子であり、個々のメタボリ...
続きを読む
【 目的 】  男性は加齢とともに虚弱性が上がり、テストステロンは減少する。テストステロンはこの症状発現リスク因子と思われる。テストステロン・レベルが虚弱性と 関連しているか否かを調査した。 【 方法...
続きを読む
【 目的 】 慢性心不全(CHF)は適正な治療にも拘わらず死亡率の高い、多く見られる疾患である。標準的治療は、CHFの特徴である代謝おおび神経ホルモンの異常の適正化である。蛋白同化作用の不足はCHF症...
続きを読む
【 目的 】 運動制限は疾病率および死亡率の上昇と関連している。テストステロンと運動限界および身体能力との関連性は完全には分かっていない。 地域在住高齢男性の性ホルモン・レベルと運動制限および身体能力...
続きを読む
【 目的 】 低テストステロンと死亡率の関連性は近年の研究で明らかになったが、これらは少数の住民調査研究である。低テストステロンが全原因あるいは原因の特定できる死亡のリスク因子であるか否かを20-79...
続きを読む
心血管疾患とアンドロゲンの関係に関するレビューInt J Cardiol. 2009 Nov 16. Cardiovascular disease and androgens: A review.K...
続きを読む
肥満は勃起不全の発現と高く関連しているが、両者の病態生理学的リンクに関してはよく分かっていない。このミニレビューにおいて、共通する病態生理学的リンクが存在するかどうかを調査するため、肥満の勃起不全に関...
続きを読む
【目的】 性機能障害患者における低テストステロン症(総テストステロン< 300 ng/dL)として定義される性腺機能低下症の検出に有用なスコア化された簡便で体系的な質問表の作成を行った。【方法】...
続きを読む
【 背 景 】内皮前駆細胞(EPCs)は内皮の修復に必要な骨髄由来細胞である。血中EPCsは内皮障害のある状態では低く、その数はPDE5阻害剤による治療によって増加する。EPCsは性腺機能低下患者にお...
続きを読む
弊社のテストステロン軟膏「グローミン」は、2003年10月から聖マリアンナ医大・泌尿器科の岩本晃明教授(当時)の研究チームで臨床研究が始められ、既にいくつかの学会で発表と論文掲載がされて来ました。◆ ...
続きを読む
【目的】冠動脈疾患(CHD)を有する男性における血管内皮機能を示し、指標とアンドロゲンレベルの関係を検討した。 【方法】50~70歳の男性106例について、年齢、体重、血清脂質、喫煙の有無、血糖値、血...
続きを読む
【目的】アンドロゲン低下男性における心血管イベントとリスク因子に対するテストステロン使用の影響について、無作為試験のシステマチック・レビューおよびメタ解析を行った。 【方法】収集データベース:MEDL...
続きを読む
【背景】 低テストステロンが高齢者の身体機能、転倒などにどのように影響するか不明である。 【方法】 5995名のボランティア集団から無作為階層的に選ばれた65~99歳の男性2587名について、長期的、...
続きを読む
【目的】  高齢者のうつ症状に対するアンドロゲン(男性ホルモン)療法の実行可能性と効果について検討した。 【方法】  MEDLINE, PsycINFO, Eric, HealthStar, および ...
続きを読む
【目的】 高齢者の血清テストステロン、肥満及びメタボリックシンドロームの関係を調査した。 【方法】 2つの脂質治療試験に参加している、平均年齢52歳の男性864例について、ベースラインの血清テストステ...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち低テストステロンのリスクカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはテストステロンと身体機能です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。