カレンダー

« 2014年2月12345678910111213141516171819202122232425262728

カテゴリ

グローミンの最近のブログ記事

平成24年(2012年)10月23日と24日にNHK(Eテレ)「きょうの健康」で、男性の更年期障害~LOH症候群~「見逃さないで 男性ホルモンの低下」(23日)、「これで改善!治療と日常生活」(24日...
続きを読む
男が40を過ぎてなんとなく不調を感じ始めたら読む本 秋下 雅弘 著 (東京大学大学院医学系研究科 加齢医学講座 准教授 ・ 東京大学医学部附属病院 老年病科) 出版社: メディカルトリビューン ...
続きを読む
【 目的 】 高用量の短期テストステロン療法は閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の男性の呼吸を急速に悪化することが見られた。OSAの肥満男性における低用量から通常量近くのテストステロンの影響は長期的に異なる...
続きを読む
【 目的 】 IVF(体外受精)の低レスポンダーの妊娠成功の可能性に対するアンドロゲン(男性ホルモン)あるいはアンドロゲン様薬剤の評価関するメタ解析を行った。【 方法 】 低レスポンダーに対して卵巣刺...
続きを読む
【タイトル】 テストステロン軟膏の塗布部位別血中濃度の検討 【原著】 日本性機能学会雑誌: 26 (3) 231-238, 2011 【著者】 ...
続きを読む
【 背景・目的 】 性腺機能低下男性の大規模集団におけるメタボリック・シンドローム(MetS)に対する12カ月のテストステロン補充療法(TRT)の影響を検討した。【 方 法 】 性腺機能低下男性849...
続きを読む
2011年10月9日より、「e健康ショップ」で「おくすり予約」サービスが始まりました。これは、全国の調剤薬局でOTC医薬品のお取り寄せが出来るもので、弊社製品では「トノス」「ヒメロス」「グローミン」「...
続きを読む
【 目的 】 現在のところ、広く認められた女性の正常テストステロン値はない。そこで、正常な月経周期を有する閉経女性のテストステロンおよびSHBG値の正常範囲の測定を行った。【 方法 】 健康で、正常な...
続きを読む
【 目 的 】 テストステロンは男性の諸臓器で様々な作用を有している。このレビューはテストステロン補充療法の効果に関するタイムコース、最初の効果の発現から最大効果の到達までを出版されたデータから検討し...
続きを読む
【 目 的 】 前立腺肥大症(BPH)を合併する性腺機能低下男性の下部尿路症状(LUTS)に対するアンドロゲン補充療法(ART)の効果に関する無作為コンロール試験を行った。【 方 法 】 性腺機能低下...
続きを読む
平成22年11月17日にNHKで放送予定の「ためしてガッテン」で、LOH症候群(ロー症候群)が取り上げられます。これまで男性更年期障害が様々なメディアで取り上げられ、話題にされて来ましたが、専門医の間...
続きを読む
「グローミン」の塗布部位は、吸収の良い陰嚢部を推奨していますが、顎下部(画像参照)への塗布でも陰嚢部と同等の吸収が得られることが判りました。(Medical Tribune 誌 2010年10月14日...
続きを読む
高齢婦人に対する微量の androgen投与は estrogen併用により効果的となる御茶ノ水・浜田病院産婦人科合阪幸三, 平池春子, 生月弓子, 小畑清一郎第25回 日本更年期医学会学術集会 (平成...
続きを読む
【 目的 】遅発性性腺機能低下患者は下部尿路症状(LUTS)とLOH症状を伴う事が多い。LOH患者のLUTSに対するテストステロン軟膏(グローミン)によるテストステロン補充療法の効果を検討した。【 方...
続きを読む
クリエイトSD社では「お取り寄せ」サービスを していますが、このたび弊社製品(トノス・ヒメロス・グローミン・バストミン・ガラナポー ン)のいずれも薬剤師がいるクリエイト各店でお取り寄せの期待できる事が...
続きを読む
高齢婦人のQOLに対する estrogen含有クリーム製剤および testosterone含有クリーム製剤併用の効果御茶ノ水・浜田病院産婦人科合阪幸三, 宮本雄一郎, 生月弓子第24回 日本更年期医学...
続きを読む
2009年(平成21年)8月6日の読売新聞「医療ルネッサンス」で、「女性へ男性ホルモン併用」として女性ホルモン補充療法に少量のテストステロンを併用する取り組みが紹介されました。「グローミン」は、テスト...
続きを読む
弊社製品取扱店様 各位 平素より弊社製品にひとかたならぬご高配、お引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 さて、ご高承の通り薬事法の販売制度改正にともない、2009年(平成21年)6月より、第1類および...
続きを読む
弊社のテストステロン軟膏「グローミン」は、2003年10月から聖マリアンナ医大・泌尿器科の岩本晃明教授(当時)の研究チームで臨床研究が始められ、既にいくつかの学会で発表と論文掲載がされて来ました。◆ ...
続きを読む
お客様各位 いつも弊社製品のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 さて、弊社製品のご購入におかれましては、これまで最寄りの取扱店のご案内が十分に出来ておらず、ご不便をおかけ致しております。私どもの力...
続きを読む
平成18年6月8日に国会で可決成立し、同年6月14日に公布された「薬事法の一部を改正する法律(平成18年法律第69号)」の第36条の3(一般用医薬品の区分)について、平成19年3月30日付で関係省令と...
続きを読む
平素より弊社製品へのご高配厚く御礼申し上げます。 さて、ご好評いただきましたグローミン」の製品モニターにつきまして、このほど所期の目標としておりました回収数に達しましたことから、一般の新規募集を終了さ...
続きを読む
【タイトル】 加齢男性性腺機能低下症候群 -LOH症候群- 診療の手引き                日本泌尿器科学会 公認               日本Men's Health医学会 公認 [...
続きを読む
【目的】 これまでに、いくつかの研究が卵巣摘出あるいは閉経後の女性において、血中テストステロンの上昇が性機能および性欲を改善する事を示してきた。しかしながら、毎日のテストステロンの上昇による副作用が、...
続きを読む
男性ホルモン軟膏「グローミン」を、「低用量な経皮吸収のテストステロン補充療法」としてご賛同下さり、臨床でご使用いただいている医療機関を弊社HPでご案内しております。 男性ホルモン軟膏「グローミン」取扱...
続きを読む
1.生まれる前(胎生期)から生後6ヶ月の発達 2.思春期の男性性器の発育促進 3.骨格や筋肉の成長促進 4.性欲・性衝動の亢進 5.脳や精神面への影響 1.生まれる前(胎生期)から生後6ヶ月の発達 テ...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちグローミンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはガラナポーンです。

次のカテゴリはトノスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。