menu

ヒメロス®製品情報

  • 指定第2類医薬品 女性ホルモンを補充する塗り薬 ヒメロス
  • 添付文書

製品画像

指定第2類医薬品 女性ホルモンを補充する塗り薬 ヒメロス 添付文書

ヒメロスは女性ホルモンを補充する塗り薬です。

  • ヒメロスの特長その1
  • 女性ホルモン配合の軟膏剤
  • 有効成分として卵胞ホルモンであるエストラジオールとエチニルエストラジオールを配合した指定第2類医薬品です。膣粘膜に塗るので、少量でも良好な吸収が期待できます。

  • ヒメロスの特長その2
  • 女性の更年期障害・不感症を改善
  • 加齢やストレスにより分泌が衰えた女性ホルモンを補充することで、分泌不全にともなう更年期の不定愁訴(のぼせ、ほてり、冷え、イライラなど)や不感症(陰部の乾燥、濡れ不足)に効果が期待できます。

  • ヒメロスの特長その3
  • 皮膚から補充する安心感
  • 卵胞ホルモンを皮膚から局所的に補充できるので、肝臓にやさしく安心感があります。自然素材の基剤成分なので、吸収のよい膣粘膜に塗布できます。膣粘膜に塗るので、少量でも良好な吸収が期待できます。

製品概要

    • 指定第2類医薬品 女性ホルモン軟膏剤 ヒメロス
    • 3g入 メーカー小売希望価格:3,500円(税別)
    • 3g入
      メーカー小売希望価格:3,500円(税別)
    • 「ヒメロス®」は、有効成分に卵胞ホルモン※である、エチニルエストラジオールとエストラジオールを配合した塗り薬です。加齢やストレス、または閉経にともなう卵胞ホルモンの分泌低下に、「ヒメロス®」を塗布することで、これにともなう諸症状の改善が期待できます。
      ※女性ホルモンの一種でエストロゲンともいいます。
  • 製品画像

詳細はこちら

成分・分量
1g中に次の有効成分を含んでいます。
有効成分分量本質
エチニルエストラジオール0.2mg合成卵胞ホルモン
エストラジオール0.6mg卵胞ホルモン

添加物として白糖、グリセリン、精製ラノリン、白色ワセリンを含有する。

効能・効果
不感症、冷感症、不妊症、婦人更年期障害※1、婦人神経衰弱※2
※1:加齢やストレスにともなう卵巣機能の衰えにより、女性ホルモンの分泌が低下することから生じる、様々な自律神経の失調症状(のぼせ、ほてり、冷え、イライラなど)。
※2:非常に強い精神的ストレスを受けたり、偏りのある食事や過度のダイエット等を続けることにより、ホルモン分泌がアンバランスになって生じる症状。
用法・用量

大人量用に臨み本剤の0.5g(大豆大)を指頭にとり、わずかな水分又は唾液でよく溶し、1日1~2回程度、女子局部の粘膜に塗擦してください。

  1. 1日1回(入浴後から就寝前)または2回(朝と晩)、本剤をチューブ先端部から3~7mmほど指先に出し、水またはお湯1~2滴でよくねって、女子局部の粘膜(膣内部)に塗ってください。
  2. 本剤の必要量には個人差が考えられますので、初めは1日3mm程度で試しながら、1日最大0.5g(1回につき約12mmを1日2回)まで、適宜増量してください。
  3. 生理終了後から2週間ご使用いただき、その後、次の生理が終わるまで、ご使用をお休みください。
  4. 閉経後の方や生理不順で長く生理が無い方は(妊娠中はご使用になれません)、すぐご使用になれます。2週間ご使用後、2週間以上ご使用をお休みください。
  5. 軽快していた症状が再発する場合は、再び同様の方法でご使用ください。

ヒメロス®は、指定第2類医薬品です。

  • 安心してご使用いただくために
    セルフチェックシートをご用意しました。
    ご使用前に、ぜひご利用ください。

    セルフチェックする
  • この医薬品は薬剤師、登録販売者に相談のうえ、
    「使用上の注意」をよく読んでお使いください。

    使用上の注意