カレンダー

« 2014年7月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

前立腺腫瘍・前立腺肥大の最近のブログ記事

■ 目的 テストステロン療法が前立腺癌(PC)のリスクを上げるというエビデンスはないが、長期的データは欠如している。 そこで長期間テストステロン療法を受けている性腺機能低下男性においてPCの頻度が増加...
続きを読む
このたび辻村 晃先生(大阪大学医学部 泌尿器科 准教授)にご監修いただき、LOH症候群へのご理解と啓蒙をめざして表題の小冊子を作成いたしました。   入手ご希望の方は、「LOH小冊子希望」と...
続きを読む
【 目的 】 前立腺癌を発症した男性のテストステロン補充療法の使用状況およびその影響を調査した。【 方法 】 Surveillance, Epidemiology, and End Results-M...
続きを読む
【 目的 】前立腺癌(PC)は加齢およびアンドロゲン依存性疾患である。加齢に伴うアンドロゲンレベルの低下とは逆説的に、PCのリスクは上昇する。全身性のアンドロゲンレベルとPCリスクの間に相関性はないが...
続きを読む
【 目的 】近年の研究はテストステロン・レベルと前立腺癌(PC)の間に負の関係を示している。PC診断におけるホルモン・パターンの有用性に関しては異論が多い。そこで、ホルモンパターンとPCの関係およびP...
続きを読む
【 目的 】アンドロゲン受容体(AR)のGGC繰り返し多型はアンドロゲン反応性遺伝子の転写活性に影響し、前立腺肥大症(BPH)および前立腺癌(PCa)のリスクを上げる。そこで、南ブラジルの男性集団にお...
続きを読む
【 目 的 】 メタボリックシンドローム(MS)は、しばしばBPH/LUTS と関連している。これらの共通の疾患として性腺機能低下症がある。しかし、テストステロン補充は前立腺に対する副作用のため制限...
続きを読む
【 目 的 】 術前のテストステロン値とグリソンスコアおよび優勢型による前立腺癌の悪性度との関連性を検討した。【 方 法 】 2007年1月から2011年1月の間に前立腺切除のため受診した患者の、術前...
続きを読む
【 目的 】 前立腺癌リスクの予測におけるテストステロンの役割、およびその高グリソン・スコアとの関連性を、前立腺生検を行った患者において検討した。【 方法 】 対象は前立腺生検を行った568例の患者。...
続きを読む
【 目的 】経口テストステロン・アンデカノエイト(TU)はテストステロン欠乏症の治療に用いられているが、経口TUはdihydrotestosterone (DHT)を上げる。DHTはにきび、男性型禿...
続きを読む
【 目的および方法 】性ホルモン、特にアンドロゲンは前立腺の発ガンと関連している。しかしながら。前向きの研究は全体的に性ホルモンのレベルと前立腺癌のリスクの間に関連性を認めていない。しかし、ステージ、...
続きを読む
【 目的 】 低テストステロンと死亡率の関連性は近年の研究で明らかになったが、これらは少数の住民調査研究である。低テストステロンが全原因あるいは原因の特定できる死亡のリスク因子であるか否かを20-79...
続きを読む
【目的】多くの研究が治療前のテストステロン・レベルと臨床病期あるいは組織学的グレードとの関連性を示しているが、治療前のテストステロン・レベルの臨床的意義については異論が多い。そこで、前立腺癌の臨床病期...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち前立腺腫瘍・前立腺肥大カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは下部尿路症状・LUTS・頻尿です。

次のカテゴリは女性の性機能です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。