カレンダー

« 2013年5月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

コラムの最近のブログ記事

【 概 要 】自殺企図のある男性はテストステロン値が低い。そうでない報告もあるが、概ね低い報告が多い。脳機能、気分、認知機能、攻撃性にテストステロンは深く関わっており、またこれらは自殺衝動に関わる。他...
続きを読む
【 目的・方法 】胎生期のアンドロゲンは脳の発達と将来の行動に対して重要な影響を有している。第4指に対する第2指の比(2D:4D)は胎生期のアンドロゲン作用のマーカーであり、長い第4指は高い胎生期アン...
続きを読む
2007年、米国でErection Hardness Score (EHS)が開発されました。0~4の5段階でEDの自己診断に利用する簡便な評価ツールで、信頼性が高いとされています。そこで、下記の日本...
続きを読む
【目的】 性機能障害患者における低テストステロン症(総テストステロン< 300 ng/dL)として定義される性腺機能低下症の検出に有用なスコア化された簡便で体系的な質問表の作成を行った。【方法】...
続きを読む
【目的】 最近、Roney et al. (2007; 2003)は、男性が若い女性との短い社会的相互作用に反応してテストステロンとコルチゾールが遊離することを示した。 今回、女性が身体的および行動...
続きを読む
2009年2月21日に第19回・日本性機能学会東部総会が長野市で開催され、総合せき損センター・泌尿器科の木元康介先生から表題の発表がありました。近年のSSRI服用にともなう様々な有害事象(重大事件に至...
続きを読む
医学情報関連のデータベース「Bio Today」の記事によりますと、 ・ 体温よりも高い温度の風呂・ 30分/週以上・ それが3回/月以上 で定義された「湿性温熱(wet heat)」の男性11人を対...
続きを読む
弊社顧問・福井靖彦が、平成13年1月に甲府商工会議所平成相生会で講演致しました健康法を、このほど加筆修正して掲載致しました。 私の健康法「PPK健康術」  私は66歳の男です。健康です。仕事は前半生...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちコラムカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアンチエイジングです。

次のカテゴリはヨヒンビンです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。