カレンダー

« 2014年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930

カテゴリ

テストステロンと女性の最近のブログ記事

 テストステロン療法は男性に対しては急速に増加しているが、女性におけるテストステロンおよびテストステロン療法に関しては多くの疑問および懸念が残っている。その背景について文献的に解明を行った。 本論は1...
続きを読む
【目的】 内分泌系の生化学的測定値の正常範囲は一般的にキットの製造メーカーにより提示されたものを用いている。しかしこれは各メーカー独自の正常範囲である。 当施設および一般的に適正な血清TおよびSHBG...
続きを読む
■ 目的 IVF/ICSIにおける卵巣反応低下患者に対する経皮T前処置の有効性についてメタ解析を行った。■ 方法 MEDLINE, EMBASE, コクランライブラリーおよび中国の生化学デー...
続きを読む
【 目的 ・ 方法 】テストステロンは競争の中で上昇し、勝者は敗者に比してその上昇が維持される。 この神経内分泌学的反応は将来の支配的行動に影響する事が理論的モデルにより提唱されている。 動物モデルの...
続きを読む
【 背景 】世界の先進国において、男性は女性よりも早期に心血管疾患(CVD)を発症し、寿命が5~10年短い。 男性において低総テストステロン(TT)が新たなCVDリスク因子として提示されているが、その...
続きを読む
【 目的 】 女性の性欲低下は、性的シグナルに対する脳の相対的な非感受性が原因と思われる。 テストステロン(T)0.5mgの舌下投与は性的シグナルに対する脳の感受性を上げる。 脳の性的刺激はPDE5阻...
続きを読む
【 目的 】 IVF(体外受精)の低レスポンダーの妊娠成功の可能性に対するアンドロゲン(男性ホルモン)あるいはアンドロゲン様薬剤の評価関するメタ解析を行った。【 方法 】 低レスポンダーに対して卵巣刺...
続きを読む
【 目的 】 RIAによる性ホルモンの測定には、女性の低濃度の範囲では精度と特異性に限界がある。そこで、質量分析法および分位点回帰法を用い、女性の性ホルモン(テストステロンおよびアンドロスタンディオン...
続きを読む
【 目的 】 現在のところ、広く認められた女性の正常テストステロン値はない。そこで、正常な月経周期を有する閉経女性のテストステロンおよびSHBG値の正常範囲の測定を行った。【 方法 】 健康で、正常な...
続きを読む
【 目的・方法 】 摂食障害は男性よりも女性に多く、原因は部分的に生物学的およびホルモン因子によるものと信じられている。2D:4D比は胎生期のテストステロン(PT)およびエストロゲン(PE)暴露を反映...
続きを読む
高齢婦人に対する微量の androgen投与は estrogen併用により効果的となる御茶ノ水・浜田病院産婦人科合阪幸三, 平池春子, 生月弓子, 小畑清一郎第25回 日本更年期医学会学術集会 (平成...
続きを読む
高齢婦人のQOLに対する estrogen含有クリーム製剤および testosterone含有クリーム製剤併用の効果御茶ノ水・浜田病院産婦人科合阪幸三, 宮本雄一郎, 生月弓子第24回 日本更年期医学...
続きを読む
2009年(平成21年)8月6日の読売新聞「医療ルネッサンス」で、「女性へ男性ホルモン併用」として女性ホルモン補充療法に少量のテストステロンを併用する取り組みが紹介されました。「グローミン」は、テスト...
続きを読む
【目的】 最近、Roney et al. (2007; 2003)は、男性が若い女性との短い社会的相互作用に反応してテストステロンとコルチゾールが遊離することを示した。 今回、女性が身体的および行動...
続きを読む
【目的】 これまでに、いくつかの研究が卵巣摘出あるいは閉経後の女性において、血中テストステロンの上昇が性機能および性欲を改善する事を示してきた。しかしながら、毎日のテストステロンの上昇による副作用が、...
続きを読む
【目的】 女性と男性の恋愛状態とテストステロンの関係を調査する。 この関係は、男女の恋愛状態がテストステロンの差異をもたらす、あるいはテストステロンが恋愛志向(恋愛関係に入る傾向)に影響するという二つ...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちテストステロンと女性カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはテストステロンと前立腺です。

次のカテゴリはテストステロンと性器です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。