カレンダー

« 2014年7月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

慢性心不全男性患者における運動療法中のテストステロン補充

【 目的 】
慢性心不全(CHF)に低テストステロンを伴う男性患者における12週間運動プログラムとテストステロン(筋注)補充および非補充の有用性を検討した。

【 方法 】
 男性CHF患者41例、平均年齢67.2歳( 51~84歳 )、総テストステロン10.7 ± 2.6 nmol/L (309 ± 76 ng/dL) を運動+テストステロン(T)または+プラセボ群に無作為に割り付けた。評価項目は往復歩行テストおyび筋力の増分、心エコー検査、N末端プロBNP、うつ症状(Beck Depression Inventory)、および健康関連QOL (Minnesota Living with Heart Failure Questionnaire and Medical Outcomes Study Short-Form)。

【 結果 】
  • 試験脱落率は30%であったが、試験を完了した患者における運動および注射のコンプライアンスは100%であった。

  • T併用および非併用群間に往復歩行テスト (18% vs 19%)、身体容量(-1.3 kg vs -1.0 kg), および握力(2.1 kg vs 2.5 kg) の変化に差異はなかった。

  • T+運動併用群は開始時から最大酸素摂取量(P < .01), うつ症状(P < .05), 足の強度 (P < .05), および Medical Outcomes Study Short-Form quality of life の数ドメイン(P < .05)が有意に改善した。 これらはプラセボ+運動群では変化見られなかった。

  • 心エコー検査、N末端プロBNPおよび炎症マーカーには殆ど変化がなかった。

【 結論 】
 この報告は、低テストステロンの慢性心不全患者における運動療法中のテストステロン補充が可能であり、健康アウトカムに好影響を及ぼす事を示す最初のものである。

【 原著 】
Am Heart J. 2012 Dec;164(6):893-901.. Epub 2012 Oct 30.
Testosterone therapy during exercise rehabilitation in male patients with chronic heart failure who have low testosterone status: A double-blind randomized controlled feasibility study.
Stout M, Tew GA, Doll H, Zwierska I, Woodroofe N, Channer KS, Saxton JM.
Department of Cardiology, University Hospital of South Manchester, Manchester, United Kingdom.




【 弊社コメント 】
低テストステロン男性が対象となりますが、LOH症候群以外にもテストステロン補充の多様なメリットが報告されつつあります。(野・福)

N末端プロBNP
B 型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)とN末端プロBNP(NT-proBNP)の血中濃度は急性冠症候群(ACS)発症早期から上昇する。しかも、短期お よび長期予後の強い予測因子1)-5)であることから、これらの測定はACS診療に役立つことが期待される。ACSにおける血中濃度の上昇の機序は心筋虚 血ストレス自体、もしくは虚血による左室拡張末期圧上昇が分泌亢進を引き起こすことと推測され、BNPとNT-proBNPは「心筋ストレスマーカー」に 位置づけられている。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: /mt/mt-tb.cgi/426

このブログ記事について

このページは、大東製薬工業株式会社が2012年12月 4日 12:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シルデナフィルに対するテストステロンの上乗せ効果」です。

次のブログ記事は「萎縮性膣炎について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。