大東製薬工業公式BLOG

更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。

Category

月別アーカイブ

Category:テストステロンと精神・心理面

  • アルツハイマー疾患高齢男性患者におけるテストステロンと認知機能

    2014年07月16日


    ■ 背景
     これまでの研究は、低テストステロンが精神神経学的テストのパフォーマンスの低下および抑うつリスクの上昇と同様にアルツハイマー疾患(AD)の発現と関連する可能性を示している。

    ■ 方法
     61例の痴呆を発症していない高齢男性および68例のADと思われる男性のデータについて検討した。

    ■ 結果

    • テストステロン・レベルは両群間で差異がなかった。
    • AD男性の回帰分析はテストステロン・レベルが精神神経学的テストのパフォーマンスあるいは抑うつを有意に予測するものではなかった。
    • 非痴呆男性において、テストステロン・レベルは発症前の言語性IQおよび言語流暢性テストに関するパフォーマンスを予測した。

    ■ 結論
     テストステロンはアルツハイマー疾患患者の殆どの精神神経学的テストのパフォーマンスと関連していなかった。

    ■ 原著
    J Geriatr Psychiatry Neurol. 2014 Jul 9.
    Relationships Between Testosterone Levels and Cognition in Patients With Alzheimer Disease and Nondemented Elderly Men.
    Seidl JN, Massman PJ

    (さらに…)

    続きを読む

  • 大量のエアロビクス運動は性機能、テストステロン、体重、ウェスト周囲径および脂肪量を著明に改善する

    2013年05月13日


    【 目 的 】
     肥満男性の性機能、テストステロン、下部尿路症状(LUTS)、内皮機能およびQOLに対する少量(LV)および大量(HV)の中等度運動の影響を検討した。

    【 調査項目 】
    開始時および24週後に以下の測定を行った。体重、ウェスト周囲径(WC)、体組成、IIEF-5、IPSSスコア、SF-36スコア、血清テストステロン、SHBG、血糖、インスリンおよび脂質、および内皮機能(反応性充血指数[RHI] using finger plethysmography)。

    反応性充血指数:RHI
    血流依存性血管拡張反応検査の一種。 両手の指先の爪の下の血管を15分ほど観察することにより、血管内皮細胞の働きを検知する。

    【 方 法 】
     90例の肥満(BMI>27.5kg/m2 , WC>90cm)、および座りがちな生活スタイル(運動 80分/週)のアジア人男性(平均年齢43.6、レンジ30~60)に対して1日必要カロリーより400kcal少ない食事療法および中等度の運動をLV(<150分/週) あるいは HV(200~300分/週)(n=45 each)のいずれかを無作為に24週間処方した。75例の男性(83.3%)が試験を完了した。

    【 結 果 】

    • 週間運動量はHV群 236±9分で、LV群105±9分より多かった。
    • HV群はLV群よりIIEFスコアおよびテストステロンが有意に増加し、体重、WCおよび脂肪量が有意に減少した。すなわち、IIEFスコアが2.6±0.5points vs 1.8±0.5points、テストステロンが 2.06±0.46nmol/L vs 0.79±0.46nmol/L、体重が-5.9±0.7kg, -6.2% vs -2.9±0.7kg, -3.0% 、WCが-4.9±0.8cm, -4.9% vs -2.7±0.7cm, -2.5% および脂肪量が-4.7±1.0kg, -14.5% vs  -1.1±0.8kg, -3.2%であった。
    • IPSSおよびSF-36スコアおよびRHIの改善は、両群で同様であった。

    【 結 論 】
     中等度の大量のエアロビクス運動(週200分以上)は少量の運動より性機能、テストステロン、体重、WCおよび脂肪量を著明に改善する。

    【 原 著 】
    J Sex Med. 2013 May 1. doi: 10.1111/jsm.12154.
    Comparing Effects of Low- and High-Volume Moderate-Intensity Exercise on Sexual Function and Testosterone in Obese Men.
    Khoo J, Tian HH, Tan B, Chew K, Ng CS, Leong D, Teo RC, Chen RY.
    Department of Endocrinology, Changi General Hospital, Singapore, Singapore.

    (さらに…)

    続きを読む

  • blogimage

    カテゴリマーク男性ホルモン
    (アンドロゲン・テストステロン)

    男性ホルモン(アンドロゲン・ テストステロン)

    テストステロンの変化は積極的行動に対する勝利の影響に介在する

    2013年04月19日


    【 目的 ・ 方法 】
    テストステロンは競争の中で上昇し、勝者は敗者に比してその上昇が維持される。 この神経内分泌学的反応は将来の支配的行動に影響する事が理論的モデルにより提唱されている。 動物モデルの研究ではこのモデルが支持されるが、ヒトの社会的行動に適用できるというエビデンスは少ない。
    今回の研究は、勝利あるいは敗北の経験を無作為に得た男性および女性において、その後の積極的な行動をバリデートした行動評価法により測定した。

    【 結 果 】

    • 男性において勝者は敗者に比してテストステロンが上昇したが、女性では異なっていた。
    • より重要な事は、男性では競合によるテストステロンの反応性が競合後の積極的な行動に対する勝利の効果をメディエイトする事である。 しかし女性ではこのような事はなかった。

    【 考 察 】
    現在の研究の限界(ステータスの影響の可能性)、また積極的な行動に対するテストステロンの影響に関する神経学的機序について議論した。

    【 原 著 】
    Psychoneuroendocrinology. 2013 Apr 12.
    Changes in testosterone mediate the effect of winning on subsequent aggressive behaviour.
    Carre JM, Campbell JA, Lozoya E, Goetz SM, Welker KM.
    Wayne State University, United States.

    (さらに…)

    続きを読む

  • 慢性心不全男性患者における運動療法中のテストステロン補充

    2012年12月04日


    【 目的 】
    慢性心不全(CHF)に低テストステロンを伴う男性患者における12週間運動プログラムとテストステロン(筋注)補充および非補充の有用性を検討した。

    【 方法 】
     男性CHF患者41例、平均年齢67.2歳( 51~84歳 )、総テストステロン10.7 ± 2.6 nmol/L (309 ± 76 ng/dL) を運動+テストステロン(T)または+プラセボ群に無作為に割り付けた。評価項目は往復歩行テストおyび筋力の増分、心エコー検査、N末端プロBNP、うつ症状(Beck Depression Inventory)、および健康関連QOL (Minnesota Living with Heart Failure Questionnaire and Medical Outcomes Study Short-Form)。

    【 結果 】

    • 試験脱落率は30%であったが、試験を完了した患者における運動および注射のコンプライアンスは100%であった。
    • T併用および非併用群間に往復歩行テスト (18% vs 19%)、身体容量(-1.3 kg vs -1.0 kg), および握力(2.1 kg vs 2.5 kg) の変化に差異はなかった。
    • T+運動併用群は開始時から最大酸素摂取量(P < .01), うつ症状(P < .05), 足の強度 (P < .05), および Medical Outcomes Study Short-Form quality of life の数ドメイン(P < .05)が有意に改善した。 これらはプラセボ+運動群では変化見られなかった。
    • 心エコー検査、N末端プロBNPおよび炎症マーカーには殆ど変化がなかった。

    【 結論 】
     この報告は、低テストステロンの慢性心不全患者における運動療法中のテストステロン補充が可能であり、健康アウトカムに好影響を及ぼす事を示す最初のものである。

    【 原著 】
    Am Heart J. 2012 Dec;164(6):893-901.. Epub 2012 Oct 30.
    Testosterone
    therapy during exercise rehabilitation in male patients with chronic
    heart failure who have low testosterone status: A double-blind
    randomized controlled feasibility study.

    Stout M, Tew GA, Doll H, Zwierska I, Woodroofe N, Channer KS, Saxton JM.
    Department of Cardiology, University Hospital of South Manchester, Manchester, United Kingdom.

    (さらに…)

    続きを読む

  • テストステロンと自殺企図の関係

    2012年04月10日


    【 概 要 】

    • 自殺企図のある男性はテストステロン値が低い。そうでない報告もあるが、概ね低い報告が多い。
    • 脳機能、気分、認知機能、攻撃性にテストステロンは深く関わっており、またこれらは自殺衝動に関わる。
    • 他人に対しての攻撃性と自己への攻撃性は、実質的に同じものである。
    • 臨床および疫学的観察では、自殺企図者は暴力犯罪者と性格に共通することが示唆される。
    • 攻撃性と自殺との間に関連性が観察される。

    【 原 著 】

    Testosterone and suicidal behavior.  [ PDF形式 Full Text ]

    Expert Rev Neurother. 2012 Mar;12(3):257-9.

    Leo Sher
    James J Peters Veterans’Administration Medical Center, 130 West KingsbridgeRoad, Bronx, NY 10468, USA and Mount Sinai School of Medicine, NY, USA

    【弊社コメント】
    上記の事実を踏まえ、テストステロンが関与する精神状態をテストステロン補充療法で改善すれば、自殺衝動を防ぐ可能性がある、という論説です。ただし、テストステロンの補充による攻撃性の増加が、自殺行動自体の強化につながる懸念もあり、今後の検討が待たれます。(松)

    テストステロンが生理的な正常範囲から逸脱し、「低過ぎ」あるいは「高過ぎ」いずれの状態にあっても攻撃性が問題になるのではないでしょうか?
    そうであれば、テストステロンの過剰投与は人為的にコントロールできますが、ストレスやLOH症候群で低テストステロン状態にある場合や、大うつ病にある場合も、先ずは低過ぎるテストステロンの血中濃度が生理的な範囲となるように低用量のテストステロン補充をすることで、自殺行動の防止につながることが期待できると考えております。(福)

    続きを読む

  • 怒りはテストステロンの上昇と関連する

    2011年09月16日


    【 目的 ・ 方法 】
     テストステロンは権力、支配、社会的地位および侵略・攻撃と関連している。しかし、個人の情動的体験に対するテストステロンの状況的変化に関しては研究されていない。権力、支配、社会的地位および侵略・攻撃に関連した怒りをベースにして、テストステロンが個人の怒りの体験とユニークに関連していると予測した。
     怒りの誘発前後において唾液中テストステロンおよびコルチゾールを測定した。

    【 結 果 】
     予測どおり、怒りはテストステロンの上昇と関連していた。しかしコルチゾールは無関係であった。この結果は個人の情動的体験がテストステロンの変化と関連する事を示す最初のエビデンスである。

    【 原 著 】
    Emotion. 2011 Sep 12.
    Anger and testosterone: Evidence
    that situationally-induced anger relates to situationally-induced
    testosterone.

    Peterson CK, Harmon-Jones E.

    【 弊社コメント 】
    LOH症候群のように、テストステロンの分泌不足に陥った際の不定愁訴の中には、イライラしたり怒りっぽくなる場合があるようです。
    本報が示すように、怒りがテストステロンの上昇につながるとすれば、テストステロン不足の状態を自律回復させるために怒りの感情が起きやすくなり、身体の恒常性(ホメオスタシス、ホメオステイシス、ホメオステーシス)を維持させようとする人間の摂理なのかも知れません。(福)

    続きを読む

1 / 41234