カレンダー

« 2017年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

カテゴリ

ED・勃起不全・陰萎の最近のブログ記事

<目的> アンドロゲン(男性ホルモン)欠乏症によるEDの原因となる海綿体線維化の機序を検討した。<方法> 12週齢の健常雄性ラット40匹を無作為に4群に分けた。すなわち、正常対照群、去勢群および去勢後...
続きを読む
来る9月6日(土)、日本性機能学会・第25回学術総会 シンポジウム3 「テストステロン補充療法のエビデンス」を共催させていただくことになりました。 低用量・経皮吸収による、マイルドで安全性の高いテスト...
続きを読む
■ 目的・方法 男性の生殖機能に対する赤ワイン摂取の影響は殆ど分かっていない。 若齢成熟ラットにおける生殖ホルモンおよび総抗酸化状態に対する各種赤ワインの恒常的飲酒の影響を検討した。 ■ 結果辛口の赤...
続きを読む
■ 目的 若年男性において体重の増加が血清Tの減少および性機能の低下と関連するか否か検討した。■ 目的 年齢20~49歳の男性136例から全般的健康、薬物療法、うつ症状および性生活に関するデータを収集...
続きを読む
このたび辻村 晃先生(大阪大学医学部 泌尿器科 准教授)にご監修いただき、LOH症候群へのご理解と啓蒙をめざして表題の小冊子を作成いたしました。   入手ご希望の方は、「LOH小冊子希望」と...
続きを読む
【 目的 】 勃起不全(ED)強度に対するエストラジオール(E2)の上昇と低テストステロン(T)の間の関連の影響を調査した。【 方法 】 EDおよび正常、あるいはE2が上昇あるいは正常で低Tの男性61...
続きを読む
【 目 的 】 血管内皮前駆細胞(EPCs)は骨髄由来細胞より生まれ、内皮の再生に必要である。低EPCは内皮機能障害の独立した予測因子であり心血管イベントにつながる。 最近の知見では、他のリスク因子の...
続きを読む
【 目 的 】 肥満男性の性機能、テストステロン、下部尿路症状(LUTS)、内皮機能およびQOLに対する少量(LV)および大量(HV)の中等度運動の影響を検討した。【 調査項目 】開始時および24週後...
続きを読む
【 目 的 】 2型糖尿病男性では性機能障害、特に勃起不全(ED)が多く認められる。性腺機能低下症の発現率も糖尿病男性では高く、低テストステロンが性機能障害と関連し、EDに対する経口療法の反応性を減じ...
続きを読む
【 目的 】勃起不全(ED)および低テストステロンの頻度は高い。EDと低テストステロンを合併す男性に対するシルデナフィル療法へのテストステロンの付加が勃起反応を改善するか否か検討した。...
続きを読む
【 目的 】年齢、テストステロン欠乏、海綿体の線維化および勃起不全(ED)の間の相関性を検討した。【 方法 】対象は2010年9月~2011年10月に登録したED患者47例。IIEF-EFスコア、NP...
続きを読む
【 目的・方法 】性機能障害(SD)あるいは勃起不全(ED)の高齢男性はしばしば補完代替医療(CAM)を用いる。このレビューはCAMの有効性に対するエビデンスの評価を厳密に行った。全ての関連性のあるシ...
続きを読む
【 目的・方法 】α2Aアドレノ受容体の過剰発現がGKラットの2型糖尿病の原因となっている。 α2受容体の阻害がランゲルハンス島の血流量に影響するか否かを検討した。麻酔GKおよびウィスターF(WF)ラ...
続きを読む
【 目 的 】 EDの原因の一部はホルモンである。しかし、65歳以上の男性ではテストステロン欠乏が大きな要素となっている。 しかしながら、健康状態が良好ではない65歳以上のポーランド人男性における、E...
続きを読む
【 要 約 】 テストステロン欠乏症はED患者のPDE5阻害剤の臨床効果を低下すると思われる。 性腺機能低下患者において、テストステロン補充はシルデナフィルあるいはタダラフィルによる治療に効果の無かっ...
続きを読む
男が40を過ぎてなんとなく不調を感じ始めたら読む本 秋下 雅弘 著 (東京大学大学院医学系研究科 加齢医学講座 准教授 ・ 東京大学医学部附属病院 老年病科) 出版社: メディカルトリビューン ...
続きを読む
【 目的 】 小規模の無作為比較試験によりビタミンD [25(OH)D]がテストステロンの産生を増加する事が示されている。これは動物実験および25(OH)Dとテストステロンのポジチブな関連性および両...
続きを読む
【 目 的 】 テストステロンは男性の諸臓器で様々な作用を有している。このレビューはテストステロン補充療法の効果に関するタイムコース、最初の効果の発現から最大効果の到達までを出版されたデータから検討し...
続きを読む
【 目的および方法 】テスト 脊椎動物は一般的に新しい交配パートナーの出現のような性的刺激に反応してテストステロンが上昇する。  幾つかのヒトでの研究もエロティックなムービーの視聴による男性...
続きを読む
平成22年11月17日にNHKで放送予定の「ためしてガッテン」で、LOH症候群(ロー症候群)が取り上げられます。これまで男性更年期障害が様々なメディアで取り上げられ、話題にされて来ましたが、専門医の間...
続きを読む
【 目的 】テストステロン欠乏症候群(TDS)と勃起不全の関係およびその診断および治療について分析した。【 方法 】PUBMEDデータベースを検索し文献的レビューを行った。【 結果 】テストステロンの...
続きを読む
【 目的 】遅発性性腺機能低下患者は下部尿路症状(LUTS)とLOH症状を伴う事が多い。LOH患者のLUTSに対するテストステロン軟膏(グローミン)によるテストステロン補充療法の効果を検討した。【 方...
続きを読む
心血管疾患とアンドロゲンの関係に関するレビューInt J Cardiol. 2009 Nov 16. Cardiovascular disease and androgens: A review.K...
続きを読む
肥満は勃起不全の発現と高く関連しているが、両者の病態生理学的リンクに関してはよく分かっていない。このミニレビューにおいて、共通する病態生理学的リンクが存在するかどうかを調査するため、肥満の勃起不全に関...
続きを読む
2007年、米国でErection Hardness Score (EHS)が開発されました。0~4の5段階でEDの自己診断に利用する簡便な評価ツールで、信頼性が高いとされています。そこで、下記の日本...
続きを読む
【目的】 性機能障害患者における低テストステロン症(総テストステロン< 300 ng/dL)として定義される性腺機能低下症の検出に有用なスコア化された簡便で体系的な質問表の作成を行った。【方法】...
続きを読む
【 背 景 】内皮前駆細胞(EPCs)は内皮の修復に必要な骨髄由来細胞である。血中EPCsは内皮障害のある状態では低く、その数はPDE5阻害剤による治療によって増加する。EPCsは性腺機能低下患者にお...
続きを読む
弊社のテストステロン軟膏「グローミン」は、2003年10月から聖マリアンナ医大・泌尿器科の岩本晃明教授(当時)の研究チームで臨床研究が始められ、既にいくつかの学会で発表と論文掲載がされて来ました。◆ ...
続きを読む
【目的】 シルデナフィル単独投与には反応しない低ゴナドトロピン患者に対し、アンドロゲンの効果を検討する。 【方法】 対象:シルデナフィル100mgに対し効果が不十分であった、勃起不全を伴う低ゴナドトロ...
続きを読む
1.生まれる前(胎生期)から生後6ヶ月の発達 2.思春期の男性性器の発育促進 3.骨格や筋肉の成長促進 4.性欲・性衝動の亢進 5.脳や精神面への影響 1.生まれる前(胎生期)から生後6ヶ月の発達 テ...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちED・勃起不全・陰萎カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは早漏です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。