カレンダー

« 2017年2月12345678910111213141516171819202122232425262728

カテゴリ

糖尿病の最近のブログ記事

<目的> 内皮細胞に対してテストステロン(以下、T)が防御的に作用するか否かは明らかではない。生理学的Tが内皮細胞に対する最終糖化産物(AGE)の有害作用を阻止できるか否かは確認されていない。 AGE...
続きを読む
<目的> 最近の研究は糖尿病とPSAの間に負の関係を示している。そこで、糖尿病および正常(非糖尿病)モロッコ人男性におけるPSAレベルを調査した。<方法> モロッコのパスツール研究所において470名の...
続きを読む
■ 目的 これまでの研究により2型糖尿病男性のテストステロン・レベルは低いことが明らかにされているが、1型糖尿病(T1DM)男性におけるデータは少ない。 T1DM男性の低テストステロンの発現率および素...
続きを読む
■ 目的 2型糖尿病(T2DM)の男性患者における総オステオカルシン(OC)およびテストステロン・レベルの関係を検討した。■ 方法 98例の男性T2DM患者について断面調査を行った。 身体的パラメータ...
続きを読む
【 目 的 】 肥満男性の性機能、テストステロン、下部尿路症状(LUTS)、内皮機能およびQOLに対する少量(LV)および大量(HV)の中等度運動の影響を検討した。【 調査項目 】開始時および24週後...
続きを読む
【 目 的 】 2型糖尿病男性では性機能障害、特に勃起不全(ED)が多く認められる。性腺機能低下症の発現率も糖尿病男性では高く、低テストステロンが性機能障害と関連し、EDに対する経口療法の反応性を減じ...
続きを読む
【 目的・方法 】α2Aアドレノ受容体の過剰発現がGKラットの2型糖尿病の原因となっている。 α2受容体の阻害がランゲルハンス島の血流量に影響するか否かを検討した。麻酔GKおよびウィスターF(WF)ラ...
続きを読む
【 目的・方法 】 ED合併2型糖尿病患者の糖-代謝プロフィルを調査した。2型糖尿病男性88例、平均年齢 62.78±9.26歳について調査を行った。IIEFにて性機能症状を、SAS(self-rat...
続きを読む
【 目的 ・ 方法 】 2型糖尿病男性における性腺機能低下症は増加しているが、プライマリー・ケアにおけるデータは少ない。そこで糖尿病を有する年齢18~80歳の男性患者6457例の匿名記録について解析し...
続きを読む
【 背景・目的 】 男性における研究は血清アンドロゲンおよびSHBG濃度と耐糖能障害、糖尿病およびメタボリック・シンドローム(MS)の存在との相関性を明らかにした。 この研究はAsturias St...
続きを読む
【 目的 】低総テストステロンが男性の2型糖尿病(T2DM)の発症と関連しているというエビデンスが増加している。大規模地域住民集団におけるT2DMt総テストステロンの関連性について調査を行った。【 方...
続きを読む
【 目的 】幾つかの研究は2型糖尿病(T2DM)が男性の性腺機能低下症と関連している事を示している。よく知られている関連にも関わらず、T2DMにおけるテストステロン補充療法(TRT)の役割は完全には明...
続きを読む
【 目的 】Advanced glycation end products (AGEs)は心血管疾患と関わっている。低テストステロンも同様に心・代謝異常のリスクの上昇と関連している。しかし、身体計測...
続きを読む
【 要旨 】 男性という性は冠動脈血管死の主なリスク因子であるが、関連性は未だ説明しきれていない。 男性の低テストステロンはメタボリック・シンドロームおよび2型糖尿病のリスク因子であり、個々のメタボリ...
続きを読む
心血管疾患とアンドロゲンの関係に関するレビューInt J Cardiol. 2009 Nov 16. Cardiovascular disease and androgens: A review.K...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち糖尿病カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは男性更年期障害・LOH症候群です。

次のカテゴリは血栓症です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。