カレンダー

« 2014年7月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

うつの最近のブログ記事

【 目的 ・ 方法 】テストステロンは競争の中で上昇し、勝者は敗者に比してその上昇が維持される。 この神経内分泌学的反応は将来の支配的行動に影響する事が理論的モデルにより提唱されている。 動物モデルの...
続きを読む
【 目的 】慢性心不全(CHF)に低テストステロンを伴う男性患者における12週間運動プログラムとテストステロン(筋注)補充および非補充の有用性を検討した。【 方法 】 男性CHF患者41例、平均年齢6...
続きを読む
【 概 要 】自殺企図のある男性はテストステロン値が低い。そうでない報告もあるが、概ね低い報告が多い。脳機能、気分、認知機能、攻撃性にテストステロンは深く関わっており、またこれらは自殺衝動に関わる。他...
続きを読む
■ 目的多くの研究が抑うつ患者におけるテストステロン補充療法(TRT)の抗うつ効果を示唆している。 論文のシステマティック・レビューおよびメタ解析により抑うつに対するTRTの効果を探索した。■ 方法 ...
続きを読む
【目的】 性機能障害患者における低テストステロン症(総テストステロン< 300 ng/dL)として定義される性腺機能低下症の検出に有用なスコア化された簡便で体系的な質問表の作成を行った。【方法】...
続きを読む
2009年2月21日に第19回・日本性機能学会東部総会が長野市で開催され、総合せき損センター・泌尿器科の木元康介先生から表題の発表がありました。近年のSSRI服用にともなう様々な有害事象(重大事件に至...
続きを読む
弊社のテストステロン軟膏「グローミン」は、2003年10月から聖マリアンナ医大・泌尿器科の岩本晃明教授(当時)の研究チームで臨床研究が始められ、既にいくつかの学会で発表と論文掲載がされて来ました。◆ ...
続きを読む
【目的】 高齢男性において、性ホルモン濃度と自己評価健康度および生活満足度、神経精神症状あるいはうつ症状あるいは痴呆との関連を解析した。 【方法】 対象は地域住民調査Lieto Studyに登録してい...
続きを読む
【目的】  高齢者のうつ症状に対するアンドロゲン(男性ホルモン)療法の実行可能性と効果について検討した。 【方法】  MEDLINE, PsycINFO, Eric, HealthStar, および ...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちうつカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはAGA・頭髪脱毛です。

次のカテゴリはメタボリック・シンドロームです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。