カレンダー

« 2014年7月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

血栓症の最近のブログ記事

■ 要約 テストステロンの欠乏は心血管疾患(CVD)を有する男性において高率に認められ、死亡率の上昇と関連している。低テストステロンはインスリン抵抗性、糖尿病、脂質異常、内臓肥満および内皮機能異常等の...
続きを読む
■ 要旨 テストステロン療法(TT)の開始と血栓(~4.5months)および心血管(CVD)イベント(~3months)の発症までの期間は類似しており、病態生理学的に同様の基盤があると推定される。 ...
続きを読む
エストロゲンを配合した医薬品と、グレープフルーツの相互作用を示唆する症例報告がありましたので、ご紹介致します。血中エストロゲンの高い状態が続きますと、血栓症のリスクが高まるという指摘がありますが、グレ...
続きを読む
【目的】フィブリン産生および溶解を活性化あるいは阻害する凝固蛋白および酵素の役割については明らかにされている。しかし、静脈血栓症(VT)のリスクに対するこれらの因子の遺伝子変異の影響については全く研究...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち血栓症カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは糖尿病です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。