カレンダー

« 2017年2月12345678910111213141516171819202122232425262728

カテゴリ

テストステロンと心血管の最近のブログ記事

<目的> 歴史的に、高レベルの血清テストステロン(以下、T)は心血管系に有害であると推定されてきた。近20年間の研究は低Tが脂質異常および糖尿病を含む心血管疾患のリスク因子の発現を増加する事を示してい...
続きを読む
■ 目的 心血管系に対するテストステロン補充療法の影響に関する最近の研究には異論がある。 テストステロンの筋注を受けている高齢男性集団における心筋梗塞リスクを調査した。■ 方法 メディケアの被保険者の...
続きを読む
■ 目的 2D:4Dはアスリートの能力、生殖の成功、癌および心血管疾患(CVD)のリスクといった幾つかの特質とリンクしている。 メタボリック・シンドロームは幾つかの心血管疾患リスク因子に含まれる。ウェ...
続きを読む
■ 要約 テストステロンの欠乏は心血管疾患(CVD)を有する男性において高率に認められ、死亡率の上昇と関連している。低テストステロンはインスリン抵抗性、糖尿病、脂質異常、内臓肥満および内皮機能異常等の...
続きを読む
■ 要旨 テストステロン療法(TT)の開始と血栓(~4.5months)および心血管(CVD)イベント(~3months)の発症までの期間は類似しており、病態生理学的に同様の基盤があると推定される。 ...
続きを読む
【 目 的 】 血管内皮前駆細胞(EPCs)は骨髄由来細胞より生まれ、内皮の再生に必要である。低EPCは内皮機能障害の独立した予測因子であり心血管イベントにつながる。 最近の知見では、他のリスク因子の...
続きを読む
【 目 的 】 肥満男性の性機能、テストステロン、下部尿路症状(LUTS)、内皮機能およびQOLに対する少量(LV)および大量(HV)の中等度運動の影響を検討した。【 調査項目 】開始時および24週後...
続きを読む
【 目的 】アンドロゲン欠乏は心血管イベントおよび総死亡の独立したリスクである。高血圧は心血管疾患発現の重要な寄与因子であり、また低テストステロンの増加と関連している。臨床的なアテローム性動脈硬化がな...
続きを読む
【 目的 】慢性心不全(CHF)に低テストステロンを伴う男性患者における12週間運動プログラムとテストステロン(筋注)補充および非補充の有用性を検討した。【 方法 】 男性CHF患者41例、平均年齢6...
続きを読む
【 目的 】男性の低テストステロンは心血管疾患と関連している。臨床試験はテストステロン補充(TRT)が心血管疾患の症状を改善し、動脈硬化形成の原因となる炎症を低下することを示している。 動物モデルにお...
続きを読む
【 背景 】世界の先進国において、男性は女性よりも早期に心血管疾患(CVD)を発症し、寿命が5~10年短い。 男性において低総テストステロン(TT)が新たなCVDリスク因子として提示されているが、その...
続きを読む
男が40を過ぎてなんとなく不調を感じ始めたら読む本 秋下 雅弘 著 (東京大学大学院医学系研究科 加齢医学講座 准教授 ・ 東京大学医学部附属病院 老年病科) 出版社: メディカルトリビューン ...
続きを読む
【 目的 】 性による特殊な差異は腫瘍壊死因子(TNF)に接触したときの心筋において観察される。男性の心筋は女性に比してTNFの存在下に機能を大きく低下する。加えて、先に我々は女性の心臓においてTNF...
続きを読む
【 目的 】 ビタミンD (25(OH)D)および遊離テストステロン(FT)の低値は共に死亡率の上昇と関連している。実験的研究は、ビタミンDおよびアンドロゲン代謝の複雑な相互作用が臨床的予後の悪化と...
続きを読む
【 目 的 】 酸化ストレスが心臓疾患の病態に有意な影響を及ぼすことは、これまでの研究で明らかである。一方、アンドロゲン(男性ホルモン)が心機能、心筋傷害および心臓の酸化還元状態の調整に生理学的役割を...
続きを読む
【 目 的 】 性ステロイド・レベルと心拍数変動(HRV)の関係を調査した。【 方 法 】 対象は心機能検査のため受診した男性114例(平均年齢(46.6±11.3)。 LH、総テストステロン(TT)...
続きを読む
【 背景 】 テストステロン濃度と血圧の関係については一致した研究結果が得られていない。そこで、年齢20-79歳の男性1484例を対象に高血圧の発症リスクおよび血圧変化と総テストステロン(TT)濃度と...
続きを読む
平成22年11月17日にNHKで放送予定の「ためしてガッテン」で、LOH症候群(ロー症候群)が取り上げられます。これまで男性更年期障害が様々なメディアで取り上げられ、話題にされて来ましたが、専門医の間...
続きを読む
【 目的 】冠動脈疾患を有する男性の生存率に及ぼす血清テストステロン・レベルの影響およびテストステロン欠乏症の発症率を調査した。【 方法 】デザイン: 長期追跡研究。対象: 2000年6月から2002...
続きを読む
【 目的 】Advanced glycation end products (AGEs)は心血管疾患と関わっている。低テストステロンも同様に心・代謝異常のリスクの上昇と関連している。しかし、身体計測...
続きを読む
【 要旨 】 男性という性は冠動脈血管死の主なリスク因子であるが、関連性は未だ説明しきれていない。 男性の低テストステロンはメタボリック・シンドロームおよび2型糖尿病のリスク因子であり、個々のメタボリ...
続きを読む
【 目的 】 慢性心不全(CHF)は適正な治療にも拘わらず死亡率の高い、多く見られる疾患である。標準的治療は、CHFの特徴である代謝おおび神経ホルモンの異常の適正化である。蛋白同化作用の不足はCHF症...
続きを読む
【 目的 】 低テストステロンと死亡率の関連性は近年の研究で明らかになったが、これらは少数の住民調査研究である。低テストステロンが全原因あるいは原因の特定できる死亡のリスク因子であるか否かを20-79...
続きを読む
心血管疾患とアンドロゲンの関係に関するレビューInt J Cardiol. 2009 Nov 16. Cardiovascular disease and androgens: A review.K...
続きを読む
肥満は勃起不全の発現と高く関連しているが、両者の病態生理学的リンクに関してはよく分かっていない。このミニレビューにおいて、共通する病態生理学的リンクが存在するかどうかを調査するため、肥満の勃起不全に関...
続きを読む
【 背 景 】内皮前駆細胞(EPCs)は内皮の修復に必要な骨髄由来細胞である。血中EPCsは内皮障害のある状態では低く、その数はPDE5阻害剤による治療によって増加する。EPCsは性腺機能低下患者にお...
続きを読む
【目的】アンドロゲン低下男性における心血管イベントとリスク因子に対するテストステロン使用の影響について、無作為試験のシステマチック・レビューおよびメタ解析を行った。 【方法】収集データベース:MEDL...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち テストステロンと心血管カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはテストステロンとPDE5阻害剤の併用です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。