カレンダー

« 2017年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

カテゴリ

テストステロンと性器の最近のブログ記事

<目的> アンドロゲン(男性ホルモン)欠乏症によるEDの原因となる海綿体線維化の機序を検討した。<方法> 12週齢の健常雄性ラット40匹を無作為に4群に分けた。すなわち、正常対照群、去勢群および去勢後...
続きを読む
【 目的 】年齢、テストステロン欠乏、海綿体の線維化および勃起不全(ED)の間の相関性を検討した。【 方法 】対象は2010年9月~2011年10月に登録したED患者47例。IIEF-EFスコア、NP...
続きを読む
【 目的 】 2D:4D比は胎生期テストステロン濃度を推定するものであり、アンドロゲン受容体(AR)の感受性と関連すると位置づけられている。胎生期テストステロンとARは陰茎の成長に中心的役割を果たして...
続きを読む
【 背 景 】内皮前駆細胞(EPCs)は内皮の修復に必要な骨髄由来細胞である。血中EPCsは内皮障害のある状態では低く、その数はPDE5阻害剤による治療によって増加する。EPCsは性腺機能低下患者にお...
続きを読む
1.生まれる前(胎生期)から生後6ヶ月の発達 2.思春期の男性性器の発育促進 3.骨格や筋肉の成長促進 4.性欲・性衝動の亢進 5.脳や精神面への影響 1.生まれる前(胎生期)から生後6ヶ月の発達 テ...
続きを読む
以前、雑誌でテストステロンを正常値にしてやれば陰茎・亀頭は何歳になっても増大する、とありました(陰茎増大が出来ると謳った製品の宣伝です)。トノス等にテストステロンが含まれていると言うことなので、もしこ...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちテストステロンと性器カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはテストステロンと女性です。

次のカテゴリはテストステロンと性欲・性衝動です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。