カレンダー

« 2014年7月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

テストステロンと薬指に対する人差し指の関係(2D:4D比)の最近のブログ記事

■ 目的 2D:4Dはアスリートの能力、生殖の成功、癌および心血管疾患(CVD)のリスクといった幾つかの特質とリンクしている。 メタボリック・シンドロームは幾つかの心血管疾患リスク因子に含まれる。ウェ...
続きを読む
【 要旨 】 低2D:4D比(弊社注釈:2Dは人差し指、4Dは薬指)および左手に対する右手の2D:4D(right-left 2D:4D)の低値は、テストステロンの子宮内濃度の高値によるものであり、...
続きを読む
【 目的 】 2D:4D比は胎生期テストステロン濃度を推定するものであり、アンドロゲン受容体(AR)の感受性と関連すると位置づけられている。胎生期テストステロンとARは陰茎の成長に中心的役割を果たして...
続きを読む
【 目的・方法 】 摂食障害は男性よりも女性に多く、原因は部分的に生物学的およびホルモン因子によるものと信じられている。2D:4D比は胎生期のテストステロン(PT)およびエストロゲン(PE)暴露を反映...
続きを読む
【 目的・方法 】胎生期のアンドロゲンは脳の発達と将来の行動に対して重要な影響を有している。第4指に対する第2指の比(2D:4D)は胎生期のアンドロゲン作用のマーカーであり、長い第4指は高い胎生期アン...
続きを読む
1.生まれる前(胎生期)から生後6ヶ月の発達 2.思春期の男性性器の発育促進 3.骨格や筋肉の成長促進 4.性欲・性衝動の亢進 5.脳や精神面への影響 1.生まれる前(胎生期)から生後6ヶ月の発達 テ...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちテストステロンと薬指に対する人差し指の関係(2D:4D比)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはテストステロンと脂肪です。

次のカテゴリはテストステロンと認知機能です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。