カレンダー

« 2013年5月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

男性不妊の最近のブログ記事

【 目的・方法 】近年、男性の不妊が増加しているが、原因は多くの因子が関与している。亜鉛およびセレニウム等のいくつかの微量元素が生殖に関与している事が観察されている。Nnewiの不妊クリニックを受診し...
続きを読む
【 目的 】 勃起不全(ED)強度に対するエストラジオール(E2)の上昇と低テストステロン(T)の間の関連の影響を調査した。【 方法 】 EDおよび正常、あるいはE2が上昇あるいは正常で低Tの男性61...
続きを読む
【 目的 】年齢、テストステロン欠乏、海綿体の線維化および勃起不全(ED)の間の相関性を検討した。【 方法 】対象は2010年9月~2011年10月に登録したED患者47例。IIEF-EFスコア、NP...
続きを読む
【 目的・方法 】性機能障害(SD)あるいは勃起不全(ED)の高齢男性はしばしば補完代替医療(CAM)を用いる。このレビューはCAMの有効性に対するエビデンスの評価を厳密に行った。全ての関連性のあるシ...
続きを読む
【 要 約 】 テストステロン欠乏症はED患者のPDE5阻害剤の臨床効果を低下すると思われる。 性腺機能低下患者において、テストステロン補充はシルデナフィルあるいはタダラフィルによる治療に効果の無かっ...
続きを読む
【 目的 】 小規模の無作為比較試験によりビタミンD [25(OH)D]がテストステロンの産生を増加する事が示されている。これは動物実験および25(OH)Dとテストステロンのポジチブな関連性および両...
続きを読む
【 目的 】テストステロン欠乏症候群(TDS)と勃起不全の関係およびその診断および治療について分析した。【 方法 】PUBMEDデータベースを検索し文献的レビューを行った。【 結果 】テストステロンの...
続きを読む
2007年、米国でErection Hardness Score (EHS)が開発されました。0~4の5段階でEDの自己診断に利用する簡便な評価ツールで、信頼性が高いとされています。そこで、下記の日本...
続きを読む
医学情報関連のデータベース「Bio Today」の記事によりますと、 ・ 体温よりも高い温度の風呂・ 30分/週以上・ それが3回/月以上 で定義された「湿性温熱(wet heat)」の男性11人を対...
続きを読む
【目的】 シルデナフィル単独投与には反応しない低ゴナドトロピン患者に対し、アンドロゲンの効果を検討する。 【方法】 対象:シルデナフィル100mgに対し効果が不十分であった、勃起不全を伴う低ゴナドトロ...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち男性不妊カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは女性不妊です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。