カレンダー

« 2015年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

カテゴリ

総説・レビューの最近のブログ記事

■ 目的 泌尿生殖器症状を有する更年期女性に対する膣内エストロゲン投与に関する論文の総合的レビューおよび厳密な評価を行った。■ 方法 データソースとして2013年4月までのMEDLINEおよびコクラン...
続きを読む
■ 目的 血清テストステロン・レベルおよび正常および異常睡眠との間の関係に関する最近のデータおよびコンセプトについてレビューした。■ 最近の知見 日内リズムおよび睡眠生理の性差は部分的に性ホ...
続きを読む
■ 要約 テストステロンの欠乏は心血管疾患(CVD)を有する男性において高率に認められ、死亡率の上昇と関連している。低テストステロンはインスリン抵抗性、糖尿病、脂質異常、内臓肥満および内皮機能異常等の...
続きを読む
【 目的・方法 】性機能障害(SD)あるいは勃起不全(ED)の高齢男性はしばしば補完代替医療(CAM)を用いる。このレビューはCAMの有効性に対するエビデンスの評価を厳密に行った。全ての関連性のあるシ...
続きを読む
【 要 約 】 テストステロン欠乏症はED患者のPDE5阻害剤の臨床効果を低下すると思われる。 性腺機能低下患者において、テストステロン補充はシルデナフィルあるいはタダラフィルによる治療に効果の無かっ...
続きを読む
【 目 的 】 テストステロンは男性の諸臓器で様々な作用を有している。このレビューはテストステロン補充療法の効果に関するタイムコース、最初の効果の発現から最大効果の到達までを出版されたデータから検討し...
続きを読む
【 目的 】テストステロン欠乏症候群(TDS)と勃起不全の関係およびその診断および治療について分析した。【 方法 】PUBMEDデータベースを検索し文献的レビューを行った。【 結果 】テストステロンの...
続きを読む
【 要旨 】 男性という性は冠動脈血管死の主なリスク因子であるが、関連性は未だ説明しきれていない。 男性の低テストステロンはメタボリック・シンドロームおよび2型糖尿病のリスク因子であり、個々のメタボリ...
続きを読む
心血管疾患とアンドロゲンの関係に関するレビューInt J Cardiol. 2009 Nov 16. Cardiovascular disease and androgens: A review.K...
続きを読む
肥満は勃起不全の発現と高く関連しているが、両者の病態生理学的リンクに関してはよく分かっていない。このミニレビューにおいて、共通する病態生理学的リンクが存在するかどうかを調査するため、肥満の勃起不全に関...
続きを読む
■ 目的多くの研究が抑うつ患者におけるテストステロン補充療法(TRT)の抗うつ効果を示唆している。 論文のシステマティック・レビューおよびメタ解析により抑うつに対するTRTの効果を探索した。■ 方法 ...
続きを読む
【タイトル】 加齢男性性腺機能低下症候群 -LOH症候群- 診療の手引き                日本泌尿器科学会 公認               日本Men's Health医学会 公認 [...
続きを読む
【目的】アンドロゲン低下男性における心血管イベントとリスク因子に対するテストステロン使用の影響について、無作為試験のシステマチック・レビューおよびメタ解析を行った。 【方法】収集データベース:MEDL...
続きを読む
【目的】  高齢者のうつ症状に対するアンドロゲン(男性ホルモン)療法の実行可能性と効果について検討した。 【方法】  MEDLINE, PsycINFO, Eric, HealthStar, および ...
続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち総説・レビューカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。