カレンダー

« 2013年5月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

下部尿路症状患者に対するテストステロン単独療法

【 目 的 】
前立腺肥大症(BPH)の治療を行なわず、下部尿路症状(LUTS)のある患者に対するテストステロン補充療法(TRT)の実際的効果を検討した。

【 方 法 】
テストステロン・アンデカノエイト100㎎/3カ月筋注によるTRTを1年以上受けている246例について検討した。このうち17例が中等度のLUTSで、最大尿流速度10 ml/sであったが、TRT期間中BPHの治療を受けていなかった(他の229例はBPHの治療を受けていた)。PSA、IPSSおよび尿流速の変化をTRT前後で計測した。

【 結 果 】
  • 1年間のTRT後、PSAには変化なかった(p=0.078)。

  • BPH治療群(n=229)と比較して、BPH非治療群の開始時の前立腺に関する検査値、前立腺容積、IPSS、最大尿流率、排尿量およびPSAには差がなかったが、残尿量の中央値はBPH非治療群で高かった(21 ml vs. 10 ml)。

  • 1年間のTRT後、BPH非治療群において、総IPSSスコア、蓄尿および排尿スコアの両者は有意に減少した。一方最大尿流率および残尿量には変化がなかった。

  • 調査期間15ヶ月間(中央値)中、尿閉、BPHに関連した手術、あるいは尿路感染症による入院はなかった。
【 結 論 】
中等度のLUTSおよび相対的に最大尿流率が保たれたBPH非治療患者に対する1年以上のTRTは蓄尿および排尿症状を改善し、BPHの進展およびPSAの上昇は見られなかった。

【 原 著 】
World J Mens Health. 2013 Apr;31(1):47-52. Epub 2013 Apr 23.
Testosterone replacement alone for testosterone deficiency syndrome improves moderate lower urinary tract symptoms: one year follow-up.
Ko YH, Moon du G, Moon KH.
Department of Urology, Yeungnam University College of Medicine, Daegu, Korea.


トラックバック(0)

トラックバックURL: /mt/mt-tb.cgi/438

このブログ記事について

このページは、大東製薬工業株式会社が2013年5月15日 12:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本人男性において低遊離テストステロンは筋肉喪失と関連する」です。

次のブログ記事は「テストステロン補充療法はLOH男性の血中内皮前駆細胞数を増加する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。