カレンダー

« 2013年5月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

テストステロン補充療法はLOH男性の血中内皮前駆細胞数を増加する

【 目 的 】
 血管内皮前駆細胞(EPCs)は骨髄由来細胞より生まれ、内皮の再生に必要である。低EPCは内皮機能障害の独立した予測因子であり心血管イベントにつながる。
 最近の知見では、他のリスク因子のない性腺機能低下症状のある患者の血中前駆細胞(PCs)およびEPCsは少なく、EPCsの増殖および分化におけるテストステロンの役割が示されている。
 テストステロン補充療法(TRT)がLOHの男性において血中EPC数を増加するか否かを検討した。

【 方 法 】
 対象は性腺機能低下症状を有する46例の男性(年齢40~73歳、平均58.3歳)および血中総テストステロン(TT) が350 ng/dL以下の男性29例である。経皮テストステロゲル(Androgel; 1% testosterone at 5 g/day)を12カ月間投与した。
 血中EPC数(単球10万当たり)はフローサイトメトリーにより計算した。

【 結 果 】
  •  TRT前において、TTと血中EPCsの間に有意な関係はなかった。              

  • TRT前のEPCs数(9.5 ± 6.2)に比して、TRT施行後3カ月(16.6 ± 11.1, p = 0.027), 6 カ月(20.3 ± 15.3, p = 0.006)および12 カ月(27.2 ± 15.5, p = 0.017)のEPCs数は有意に高かった。

【 結 論 】
TRTは血中EPCs数を増加し、性腺機能低下男性の内皮機能に対するTRTの有用性が示された。

【 原 著 】
Andrology. 2013 May 8.
Testosterone replacement therapy can increase circulating endothelial progenitor cell number in men with late onset hypogonadism.
Liao CH, Wu YN, Lin FY, Tsai WK, Liu SP, Chiang HS.
Division of Urology, Department of Surgery, Cardinal Tien Hospital and School of Medicine, Fu Jen Catholic University, Taipei, Taiwan

トラックバック(0)

トラックバックURL: /mt/mt-tb.cgi/437

このブログ記事について

このページは、大東製薬工業株式会社が2013年5月16日 11:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「下部尿路症状患者に対するテストステロン単独療法」です。

次のブログ記事は「勃起不全強度に対するエストラジオールの上昇と低テストステロンの関連」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。