カレンダー

« 2013年5月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

高血圧患者における心血管疾患発現とテストステロン

【 目的 】
アンドロゲン欠乏は心血管イベントおよび総死亡の独立したリスクである。高血圧は心血管疾患発現の重要な寄与因子であり、また低テストステロンの増加と関連している。
臨床的なアテローム性動脈硬化がない中高年の非糖尿病高血圧患者において、低アンドロゲンが重篤な心血管イベント(MACE)の発現を予測しうるか否かを検討した。

【 方法 】
228例の男性患者(平均年齢56歳)における総テストステロン(TT)とMACEの関係を比例ハザードモデルにより解析した。

【 結果 】
  • 平均調査期間44カ月間に、228例中19例(8.3%)の MACEの発現が認められた。

  • MACEを発現しなかった患者に比較して、MACE発現患者のTTは低く( 3.9±0.7ng/ml vs. 4.6±1.5ng/ml, P < 0.01 )、性腺機能低下症の発現率は高かった(36% vs. 16%, P < 0.05)。

  • 多変量コックスモデル解析において、年齢、収縮期血圧およびリスク因子で調整後TTの最低三分位群(<4.0ng/ml)は最高三分位群(>4.9ng/ml) に比してMACEのリスクが有意に高かった。

  • TT 5.04ng/mlがMACEを97.2%除外できるネガティブな予測値であった。

  • 標準的なリスク因子にTTを加えることにより、リスク予測が38.8%有意に改善した(P < 0.05)。

【 結論 】
低テストステロンは高血圧患者におけるMACEのリスク上昇と関連している。標準的リスク因子にTTを加える事によりリスク予測は改善し、これら患者における心血管疾患リスクの有用なバイオマーカーであると思われる。

【 原著 】
Am J Hypertens. 2013 Mar;26(3):373-81. doi: 10.1093/ajh/hps056. Epub 2013 Jan 7.
Plasma total testosterone and incident cardiovascular events in hypertensive patients.
Vlachopoulos C, Ioakeimidis N, Terentes-Printzios D, Aznaouridis K, Rokkas K, Aggelis A, Synodinos A, Lazaros G, Stefanadis C.
Peripheral Vessels Unit, First Department of Cardiology, Hippokration Hospital, Athens Medical School, Athens, Greece.


【 弊社コメント 】
重篤な心血管疾患の発現を防ぐため総テストステロン504ng/dl以上が必要です。(野)


トラックバック(0)

トラックバックURL: /mt/mt-tb.cgi/432

このブログ記事について

このページは、大東製薬工業株式会社が2013年2月14日 11:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テストステロンによる赤血球増加作用のメカニズム」です。

次のブログ記事は「テストステロンの変化は積極的行動に対する勝利の影響に介在する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。