カレンダー

« 2014年7月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

萎縮性膣炎について

弊社HPで「萎縮性膣炎について」と題し、「萎縮性膣炎の主な症状」「萎縮性膣炎の原因・発症のメカニズム」「注意ポイント」「萎縮性膣炎の治療」「女性ホルモン(エストロゲン)局所投与の選択肢」について記しました。 この機に是非ご参照くださいませ。

近年の臨床応用の結果から、エストロゲン・クリーム「バストミン」(指定第2類医薬品)によるエストロゲンの局所投与の有用性が明らかになっています。


トラックバック(0)

トラックバックURL: /mt/mt-tb.cgi/434

このブログ記事について

このページは、大東製薬工業株式会社が2013年1月30日 09:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「慢性心不全男性患者における運動療法中のテストステロン補充」です。

次のブログ記事は「テストステロンによる赤血球増加作用のメカニズム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。