カレンダー

« 2012年5月 »12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

2012年5月アーカイブ

【 目的 】
 性による特殊な差異は腫瘍壊死因子(TNF)に接触したときの心筋において観察される。男性の心筋は女性に比してTNFの存在下に機能を大きく低下する。加えて、先に我々は女性の心臓においてTNFによる心機能の異常にエストロゲンが殆ど影響しない事を見出し、男性ホルモン(テストステロン)がTNFによる心筋障害に関与していると示唆された。
 そこで、男性の心臓においてTNFによる心筋障害にテストステロンが有害な働きをしているという仮設を検討した。

【 方法 】
 年齢がマッチした雄マウス、雌マウス、去勢マウス、およびアンドロゲン受容体拮抗剤フルタミド投与マウスの摘出心臓をランゲンドルフ装置にて45分間、TNFを注入した。左室内圧(LVDF)および心拍数を連続的に測定した。TNF注入後の心筋組織のcaspase-8 および caspase-3を測定した。

【 結果 】
  • TNFの注入は雄マウスのLVDFを抑制したが、心拍数には影響しなかった。

  • ダブルプロダクト(RPP:心拍数×最高血圧で表される量で心機能の指標)はTNF暴露後雌マウスにして雄マウスで著明に減少し、TNFにより誘導されるcaspase-8 および caspase-3の高値と関連していた。

  • 去勢による内因性テストステロンの枯渇あるいはフルタミドの投与は雄マウス心臓のTNFによるRPPの低下に拮抗した。

  • 去勢あるいはフルタミド投与はTNF産生およびTNFR1 およびTNFR2.の心筋発現に影響しなかった。

【 結論 】
 テストステロンは心筋に対するTNFの有害作用の性差の原因となっていることが示された。TNFによる心筋障害の相対的低閾値はTNFR1 およびTNFR2の下流シグナルとテストステロンの相互作用によるものと思われる。

【 原著 】
Int J Clin Exp Med. 2012;5(2):96-104. Epub 2012 Apr 8.
Role of endogenous testosterone in TNF-induced myocardial injury in males.
Wang M, Gu H, Brewster BD, Huang C.
The Department of Surgery, Indiana University School of Medicine Indianapolis, Indiana.


【 目的・方法 】
 ED合併2型糖尿病患者の糖-代謝プロフィルを調査した。2型糖尿病男性88例、平均年齢 62.78±9.26歳について調査を行った。IIEFにて性機能症状を、SAS(self-rating anxiety scale)にて不安症状を、および SDS(self-rating depression scale)にてうつ症状を評価した。
 BMI、腹囲、HbA(1c)、空腹時血糖(FPG)、空腹時インスリン(FPI)、 HOMA 指数、脂質、総テストステロン、遊離テストステロン、DHTおよびSHBGを測定した。

【 結果 】
  • IIEF調査票にて、50例(56.8%)がEDであり、残る38 例(43.2%)はEDでなかった。

  • ED群の70.0%が喫煙者であり、非ED群の57.9%より有意に多かった(p<0.05)。

  • ED群の38.0%が慢性虚血性疾患の病歴があり、非ED群の23.7%より多かった(p<0.05 between the two groups)。

  • ED群はより高齢で、驚くべきことにHbA(1c)が低かった。さらに、ED群はFPIが高く、テストステロンおよびDHTが低かった。
【 結論 】
イタリアの2型糖尿病男性、平均年齢62歳のED発症率は56%で、高FPIであるがHbA(1c)は低く、テストステロンおよびDHTの低下とリンクしていた。

【 原著 】
Endocr J. 2012 Apr 26.
Glyco-metabolic profile among type 2 diabetic patients with erectile dysfunction.
Derosa G, Tinelli C, D'Angelo A, Ferrara G, Bonaventura A, Bianchi L, Romano D, Fogari E, Maffioli P.
Department of Internal Medicine and Therapeutics, Fondazione IRCCS Policlinico S. Matteo, University of Pavia, Pavia , Italy


【 弊社コメント 】
 対象の選択基準、方法は分かりませんが、ED合併群のHbA(1c)値が注目されます。一般的には糖尿病がより重度で高いのではないかと思いますが・・・。(野)

このアーカイブについて

このページには、2012年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。