カレンダー

« 2010年12月 »12345678910111213141516171819202122232425262728293031

カテゴリ

2010年12月アーカイブ

【 背景 】
 テストステロン濃度と血圧の関係については一致した研究結果が得られていない。
そこで、年齢20-79歳の男性1484例を対象に高血圧の発症リスクおよび血圧変化と総テストステロン(TT)濃度との前向きの関連性を調査した。

【 方法 】
 ドイツ、ポメラニアの地域住民を対象とした健康調査研究のデータを用いた。TT濃度を蛍光酵素免疫法により測定し、年齢により4分位群に分けた。
 年齢、ウェスト周囲径、身体活動度、喫煙およびアルコール摂取量で調整したGEEモデルにより関係を明らかにした。

一般化推定方程式(Generalised Estimating Equation: GEE)モデル
経時データを扱うときに,様々なしがらみから離れて平均構造の推測に特化させた方法。

【 結果 】
  • 平均フォローアップ期間5.0年の間に高血圧の頻度は50.6%から57.1%に増加した。

  • TT濃度は高血圧を発症した男性のベースラインで有意に低かった。

  • ベースラインのTTが最下位4分位群の男性はより高い男性に比して高血圧発症リスクが上昇していた (OR= 1.19 95% CI 1.10-1.28))。

  • TT濃度と血圧の間には逆相関がみられた。

【 結論 】
 男性の低総テストステロン濃度は高血圧の予測因子であり、心血管リスク上昇のバイオマーカーとなりうるであろう。

【 原著 】
Aging Male. 2010 Nov 19.
Inverse association between total testosterone concentrations, incident hypertension and blood pressure.
Torkler S, Wallaschofski H, Baumeister SE, Volzke H, Dorr M, Felix S, Rettig R, Nauck M, Haring R.
Institute of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine, University of Greifswald, Germany.


【 弊社コメント 】
男性の加齢・不健康な生活習慣・ストレス→テストステロンの分泌低下→低テストステロン状態→高血圧→心血管障害・・・、という構図が見えて来ます。
壮年期を過ぎた男性に生理的な範囲内でテストステロンの分泌不足を少しずつ補うことの意義を訴求したい気持ちは山々ですが、先ずはテストステロンの分泌が低下しないように、不健康な生活習慣を改善することが、高血圧の予防につながるものと期待されます。(福)

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。