大東製薬工業公式BLOG

更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。

Category

月別アーカイブ

月別アーカイブ:2010月05月

  • テストステロンは高齢男性の虚弱性と関連する

    2010年05月02日


    【 目的 】
     男性は加齢とともに虚弱性が上がり、テストステロンは減少する。テストステロンはこの症状発現リスク因子と思われる。テストステロン・レベルが虚弱性と
    関連しているか否かを調査した。

    【 方法 】
     デザインは前向きのコホート研究。2001年から2004年の間に、70-88歳の地域住民男性3616例について虚弱性の測定を行った。
    2008-2009年に67歳から93歳の1586例について虚弱性の再測定を行った。
    虚弱性はFRAIL
    scaleにて測定した。これは5つのドメイン、疲労、一続きの階段の昇りの困難さ、100m以上の歩行の困難さ、5つ以上の病気、あるいは5%以上の体
    重減少からなる。
     調査開始時にテストステロン、SHBGおよびLHを測定した。遊離テストステロンは計算により求めた。

    【 結果 】

    • 開始時に15.2%(n = 548)が虚弱(3項目以上に該当)であり、フォローアップ期間中に23.0%(n = 364)に増加した。
    • 開始時、総および遊離テストステロンの1SDの減少は虚弱オッズの上昇と関連していた (各々OR = 1.23; 95% CI =
      1.11-1.38, およびOR = 1.29; 95% CI = 1.15-1)。

    • 低LHは虚弱オッズの減少と関連していた(OR = 0.88; 95% CI = 0.81-0.95)。
    • 調整は年齢、BMI、喫煙、糖尿病、社会的支援および他の交落因子で行った。フォローアップでは遊離テストステロンの低下のみは虚弱を予測し
      た(OR = 1.22; 95% CI = 1.05-1.42)。

    【 結論 】
     開始時およびフォローアップ時遊離テストステロンは虚弱性と関連していた。テストステロン療法は虚弱性の発現を防止できるか無作為試験が行われるべきで
    ある。

    【 原著 】
    J Clin Endocrinol Metab. 2010 Apr 21.

    Low Free
    Testosterone Predicts Frailty in Older Men: The Health in Men Study.

    Hyde Z, Flicker L, Almeida OP, Hankey GJ, McCaul KA, Chubb SA, Yeap BB.
    Western Australian Centre for Health and Ageing, Royal Perth Hospital,
    Perth, Australia

    【 弊社コメント 】
    「遊離テストステロンの低下が虚弱を予測できる」という結果は、すなわちテストステロンの補充による虚弱防止効果を期待させますが、弊社製品の市場実績か
    ら確信させるものです。(福)

    続きを読む

  • 慢性心不全に対するテストステロン補充療法

    2010年05月02日


    【 目的 】
     慢性心不全(CHF)は適正な治療にも拘わらず死亡率の高い、多く見られる疾患である。標準的治療は、CHFの特徴である代謝おおび神経ホルモンの異常の適正化である。蛋白同化作用の不足はCHF症候群の主要な成分であり、テストステロン補充療法が最近のトライアルのテーマとなっている。

    【 最近の知見 】
     最近の論文では、生理学的なテストステロン補充療法により随意筋強度、非脂肪筋肉容量の適度な改善、神経筋および圧受容体反射に対する耐容性およびポジティブな効果がもたらされる事が明らかになった。長期的な効果及び安全性は研究されていない。

    【 要旨 】
     テストステロン補充療法は慢性心不全患者の代謝および耐容性を改善する。広範囲な使用の前にさらに試験が必要である。
     慢性心不全患者を治療する医師はテストステロン療法を考慮するであろうが、内分泌専門医のアドバイスとサポートが必要である。

    【 原著 】
    Curr Opin Endocrinol Diabetes Obes. 2010 Apr 16.

    Testosterone and heart failure.

    Malkin CJ, Channer KS, Jones TH.
    Department of Cardiology Sheffield Teaching Hospitals NHS Foundation Trust, Sheffield, UK

    【 弊社コメント 】
    慢性心不全の治療に対して、生理学的な範囲内でのテストステロン補充療法が有用と期待されていますが、現時点では未だ長期的な効果及び安全性が確認できていないため、慎重な対応が必要とされています。(福)

    続きを読む

  • 遊離テストステロンの低値は高齢男性の運動制限や身体能力と関連している

    2010年05月02日


    【 目的 】
     運動制限は疾病率および死亡率の上昇と関連している。テストステロンと運動限界および身体能力との関連性は完全には分かっていない。
     地域在住高齢男性の性ホルモン・レベルと運動制限および身体能力の断面的および前向きの関連性を調査した。

    【 方法 】
     Framingham Offspring Studyの調査7および8に参加した1445例の男性(平均年齢61.0 +/- 9.5 yr)について断面的および長期的解析を行った。
     調査7にて総テストステロンの測定を行った。運動制限および身体能力の断面的および長期的解析はホルモン・レベル(総テストステロンと遊離テストステロン、および SHBG)を連続的及び二分化して行った。

     主要アウトカム: 自己報告の運動限界、自覚的健康度、通常の歩行速度および握力。

    ◆ フラミンガム・スタディ
     長期間にわたるフラミンガム地区の住民を対象にした心血管系疾患の危険因子を探る調査研究。フラミンガムとは米国・ボストンの郊外の小さな町の名前。選ばれた理由は「町に総合病院がひとつしかなく住民の健康状態の把握が容易。(第1世代)コホート(Framingham Heart Study),第2世代コホート(FraminghamOffspring Study),第3世代コホート,少数民族コホート(Omni Study)

    【 結果 】

    • より高い(連続的に)遊離テストステロンは短期的身体能力スコア、通常の歩行速度および自覚的健康度のリスクの低下とポジティブに関連していた。
    • 前向き解析において、ベースライン遊離テストステロンの1SD上昇は運動制限発現および進展のリスク低下と関連していた。
    • ベースライン遊離テストステロンが低い男性は、運動制限オッズが57%及び運動制限の悪化オッズが68%高かった。

    【 結論 】
     地域在住高齢男性においてベースラインの遊離テストステロンの低値は運動制限の悪化と関連していた。テストステロン療法によりこの悪化が低下できるか無作為試験を行う必要がある。

    【 原著 】
    J Clin Endocrinol Metab. 2010 Apr 9.

    Free Testosterone
    Levels Are Associated with Mobility Limitation and Physical Performance
    in Community-Dwelling Men: The Framingham Offspring Study.

    Krasnoff JB, Basaria S, Pencina MJ, Jasuja GK, Vasan RS, Ulloor J, Zhang
    A, Coviello A, Kelly-Hayes M, D’Agostino RB, Wolf PA, Bhasin S,
    Murabito JM.
    Boston University School of Medicine, Sections of Endocrinology,
    Diabetes, and Nutrition

    【 弊社コメント 】
    結果的に、男性ホルモン値の高い60歳前後(約52~70歳)の男性の身体能力が高く、運動に支障のない自立した生活が出来ているようです。
    良く運動して身体能力の高い男性の男性ホルモンが高くなるのか、それとも、男性ホルモン分泌の旺盛な男性が良く運動して高い身体能力を維持できているのかは、「鶏が先か、卵が先か?」という類の議論になると思われます。
    どちらも有り得ると思われますが、いずれにせよ健全な生活習慣にともなう適度な運動と、良好な男性ホルモン分泌の好循環が、高齢男性の自立につながるものと期待されます。 (福)

    続きを読む

1 / 11